Arijit Sarkar

Arijit Sarkar

記者の投稿

ニュース
Bitcoin Visualsのデータによると、ビットコインライトニングネットワーク(LN)の容量は3915.776 BTCの史上最高を記録した。BTCトランザクション速度の向上とレイヤー2プロトコル上の手数料の削減という大義へのコミットメントが示された。
ビットコインライトニングネットワークの容量が3900BTCを超え、過去最高を記録
Arijit Sarkar
2022-05-31T08:39:06+09:00
2194
ニュース
インドの中央銀行であるインド準備銀行(RBI)は27日、従来の金融システムに「ほとんど、あるいは全く混乱なく」2022〜23年に中央銀行デジタル通貨(CBDC)を展開するための3段階の段階的なアプローチを提案した。
インド、段階的アプローチでCBDCを展開へ=RBI年次報告
Arijit Sarkar
2022-05-30T16:25:00+09:00
648
ニュース
電気自動車メーカーのテスラが車両購入にドージコイン(DOGE)での支払いを受け入れを始めてからわずか4ヶ月で、イーロン・マスク氏は自身の宇宙開発会社スペースXにも支払いオプションを拡張する計画を表明した。
イーロン・マスク氏、テスラに続きスペースXでもDOGE決済を対応表明
Arijit Sarkar
2022-05-30T15:20:00+09:00
1580
ニュース
ビットコイン(BTC)ネットワークは5月12日にネットワーク難易度が31兆2510億という過去最高を記録した。ビットコインコミュニティは、ビットコインブロックの採掘難易度の上昇によりネットワークに回復力が加わったことに歓喜したが、26日にネットワーク難易度は31兆2510億から29兆8970億に低下し、4.33%低下し...
ビットコインのネットワーク難易度4.3%減の29兆8970億、過去10カ月で最大の下げ幅
Arijit Sarkar
2022-05-30T08:21:44+09:00
1533
ニュース
テラフォームラボの共同創業者兼CEOであるド・クウォン氏は、暴落したテラ(LUNA)とテラUSD(UST)のエコシステムを復活させるため、テラの新しいチェーン「テラ2.0」を稼働させたことを明らかにした。
テラ2.0が始動 復活なるか
Arijit Sarkar
2022-05-30T07:58:54+09:00
3617
ニュース
テラフォームラボの共同創業者兼CEOであるド・クウォン氏が最近発表したテラ復活計画であるハードフォークの有効性に、ユーザーからは疑問を呈されている。その代わりに、コミュニティの一部は、テラ復活のため方法として、LUNAをバーン(焼却:供給量を減らして価値を高めること)することを推奨している。
ド・クウォン氏、LUNAのバーンアドレスを公開するも、焼却効果に懐疑的
Arijit Sarkar
2022-05-24T07:48:32+09:00
2529
ニュース
デロイトが行った調査では、仮想通貨エコシステムがスポーツ業界に新たな市場を開拓する可能性があることが強調された。
ブロックチェーン、仮想通貨がスポーツ業界を「NFTのさらに先」に導くか=デロイトレポート
Arijit Sarkar
2022-05-23T07:57:18+09:00
1626
ニュース
仮想通貨取引所ビットメックスのマネーロンダリングに関する事件の判決が下された。ニューヨークの連邦地方裁判所は、ビットメックスの創設者で元CEOのアーサー・ヘイズ氏に2年間の保護観察と6ヶ月間の自宅待機を言い渡した。
元ビットメックスのアーサー・ヘイズ氏、米国の裁判で2年間の保護観察処分の判決
Arijit Sarkar
2022-05-21T19:42:04+09:00
1000

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー