価格変動率 ニュース

価格変動率とは、時間の経過に伴う取引価格の変化の度合いのことである。別の言い方をすれば、価格変動率は資産価値の変化の大きさに関する、不確実さの量を示す。資産価値の開きが大きいほど、価格変動率も高くなる。価格変動率は投資家にとって、とても重要な特性である。資産の購入に伴うリスクと、利益の可能性の、両方を示すからだ。仮想通貨にとって価格変動率は、最も特徴的な要素の1つである。仮想通貨は中央の管理者を持たず、そのため管理された通貨放出の仕組みもないため、価格変動が大きい。仮想通貨の価格変動を大きくしている他の特性もいくつかある。例えば、本質的価値を持たないこと、短期的な投資が大半であること、機関投資家の資金があまり入っていないことなどである。それでも、仮想通貨の価格変動率は、多くの投資家を引き付ける要因でもある。また、ビットコインの価格変動によって多くのお金が集まったことで、業界の急速な発展が可能になった。