サイバー犯罪 ニュース

サイバー犯罪とは、コンピューターやネットワークに対して行われる犯罪のことである。コンピューターやネットワークは、攻撃者にとって手段にも標的にもなり得る。仮想通貨やビットコインに向けられるサイバー犯罪は、今では業界の切り離せない一部となっている。仮想通貨は、ハッキングやフィッシングといったサイバー犯罪や、さまざまな詐欺の仕組みを可能にする。注目に値する仮想通貨盗難事件の数も多い。最近起こったサイバー犯罪の事例は、コインチェックのハッキング事件(2018年に4億ドル相当のNEMトークンが盗まれた)やナイスハッシュ(6000万ドルが盗まれた)だ。また、サイバー犯罪は、ブロックチェーン内で行われる場合もある。例えば悪名高いDAO事件では、5000万ドル相当のイーサリアムがハッカーに盗まれ、プラットフォーム全体がハードフォークされる原因となった。サイバー犯罪の主な標的の1つが、アルトコイン用のさまざまなタイプのウォレットサービスである。システムに欠陥があると、ハッカーに多くのアカウントへのアクセスを許してしまう。