仮想通貨取引所関連ニュース

仮想通貨取引所は、仮想通貨をさまざまな資産(法定通貨または他の仮想通貨など)に交換するためのサービスを顧客に提供するWebサービス。取引は通常オンラインでのみ機能し、電子形式での取引を提供し、それに対する手数料を収入源としている。一方、実店舗でサービスを提供するビジネス形態もある。仮想通貨取引所で取引を行うために、デビットカード、クレジットカード、郵便為替、その他の類似する決済手段の利用が認められている。通常、取引は銀行口座間で行われるが、ごくまれに、顧客が特別なATMを使用して現金を引き出すことも可能である。最近では、分散型取引所(DEX)が設立され、デジタル化した通貨を使うというより、あらかじめ設定した額を交換するスマートコントラクトによる取引が行われている。

ニュース
老舗の仮想通貨取引所の1つ、ビットスタンプは、新しくサポートを検討している仮想通貨のリストを公表した。規制リスクから多くの取引所が匿名通貨から距離を取ろうとする中、リストの中にはジーキャッシュ(ZEC)が含まれている。
匿名通貨の上場廃止の流れが変わるか? ビットスタンプがジーキャッシュのサポート検討
Samuel Haig
2020-04-04T15:14:58+09:00
ニュース
スイスに拠点を置く仮想通貨取引所シェイプシフトでは、米国在住のユーザーがデビットカードでビットコイン(BTC)やイーサ(ETH)を購入でるようになった。
デビットカードで仮想通貨の購入可能に、取引所シェイプシフトが米国在住者向けにサービス開始
Ana Alexandre
2020-04-04T10:40:25+09:00
ニュース
新型コロナウイルスによる経済不安が高まる中、世界最大の仮想通貨取引所バイナンスは4月3日、100人の新規雇用を計画していることを明らかにした。
仮想通貨取引所バイナンスが雇用拡大を発表 新型コロナを好機と捉える
Helen Partz
2020-04-04T09:13:07+09:00
ニュース
世界最大の仮想通貨取引所バイナンスは、ビットコイン(BTC)のオプショントレーディングを計画していることを示唆した。
仮想通貨取引所バイナンス、ビットコインのオプション取引開始を示唆
Marie Huillet
2020-04-04T08:21:37+09:00
ニュース
世界最大の仮想通貨取引所バイナンスは、世界で最も有名な仮想通貨データサイトのコインマーケットキャップ(CMC)を買収することで合意したと発表した。バイナンスのジャオ・チャンポンCEO(通称CZ)はバイナンスとCMCは「仮想通貨へのアクセス」を提供するという点で似ており、仮想通貨業界の透明性を高める上で相乗効果を期待でき...
仮想通貨取引所バイナンス、コインマーケットキャップ買収で合意
Helen Partz
2020-04-03T06:55:00+09:00
ニュース
インドの仮想通貨取引所BuyUCoin(バイユーコイン)は、海外サービスの拡大に向け、エストニアの金融監査機関からの承認を得ている。同国モバイル決済システムでウォレットプロバイダーのMobikwikと連携したとも3月31日に発表している。
インドの仮想通貨取引所バイユーコイン、エストニアでライセンス取得 海外でのサービス拡大へ
Marie Huillet
2020-04-02T15:41:51+09:00
ニュース
世界最大のビットコインATM運営業者のビットコイン・デポットは、新型コロナウイルスのさらなる拡大を防ぐために一部のビットコインATMを停止する。
ビットコイン・デポット、米国一部の仮想通貨ATMを一時停止 新型コロナ対策で
Benjamin Pirus
2020-04-02T08:37:54+09:00
ニュース
仮想通貨取引所バイナンスは25日、最大で100万ドル(約1億700万円)相当のバイナンスコイン(BNB)の賞金が獲得できるトレーディングトーナメントを開催すると発表した。
仮想通貨取引所バイナンス、100万ドルの賞金トーナメントを開催へ
Felipe Erazo
2020-04-01T09:45:37+09:00

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー