シンガポール金融当局 「政府採用の仮想通貨」という詐欺サイトに注意喚起

シンガポール金融管理局(MAS)は29日、仮想通貨が政府によって正式に採用されていると主張する詐欺に対して注意喚起を促した

MASによると、詐欺的なウェブサイトが、ある特定の仮想通貨についてシンガポールが採用したオフィシャルなコインであると主張し、独占的に購入するために利用者に対して個人情報と金融情報の提示を求めているという。

またMASは、そもそも仮想通貨やデジタルトークンへの投資は一般的にリスクが高いと警告した。

先週、MASは、すべてのSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)はシンガポールの証券法に準拠しなければならず、MASに登録しなければならないと述べた。