米上院、フェイスブックの仮想通貨リブラに関する公聴会を開催へ プライバシー問題を懸念

米議会上院の銀行委員会がフェイスブックの独自仮想通貨プロジェクト「リブラ」に関する公聴会を7月16日に開催する。18日にフェイスブックが発表したリブラに関してはプライバシーの観点などで米議会議員から懸念の声が上がっていた。

フェイスブックに関する公聴会は「フェイスブックが提案するデジタル通貨とデータプライバシーに関する考察」というタイトル。詳細は後ほど発表される。

米下院民主党のマキシン・ウォーターズ議員は19日、「フェイスブックは数十億人分のデータを持っており、これらのデータ保護を繰り返し軽視してきた」と批判。リブラの開発を中断するように要求した

【関連記事:米議員 フェイスブックの仮想通貨プロジェクト「リブラ」開発の中断を要求、「問題ある過去」を指摘

一方、米有力経済メディアのマーケットウォッチによると、  フェイスブックは18日に「議員の質問に答えることを楽しみにしている」と述べた。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版