【速報】フェイスブックの独自仮想通貨プロジェクト「リブラ」のホワイトペーパーが公開 「数十億人をエンパワー」

フェイスブックの独自仮想通貨プロジェクト「リブラ」のホワイトペーパーが18日、公開された

フェイスブックがホワイトペーパーで掲げたのは、「シンプルなグローバル通貨と金融インフラを可能にし、数十億人の人々をエンパワーすること」。「リブラ」で焦点を当てているのは、世界に17億人いると言われている銀行口座を持たない人々だ。既存のクロスボーダー(国をまたいだ)送金には数日単位の時間がかかりコストが高く、銀行口座を持たない人々にとって負担になっていると述べた。

フェイスブックは、リブラブロックチェーンを使ってそうした状況を打開し「世界でお金を動かすことはメッセージを送るくらい簡単になるべき」と強調した。

フェイスブックがパートナーとして発表したのは、以下の企業だ。

  • 決済:マスターカード、ペイパル, PayU , ストライプ, ビザ
  •  テクノロジー・マーケットプレイス:ブッキングホールディングス、eBay、 フェイスブック子会社のCalibra,、ファーフェッチ、リフト、メルカドパゴ,、スポティファイ AB、ウーバーテクノロジーズ
  •  通信: イリアド, ボーダフォングループ
  •  ブロックチェーン: アンカレッジ、 Bison Trails、コインべース、ザポ
  •  ベンチャーキャピタル: アンドリーセン・ホロウィッツ, ブレイクスルー・イニシアチブ、リビット・キャピタル、スライブキャピタル、ユニオンスクエア・ベンチャーズ
  •  非営利組織、多国間組織、学術機関: クリエイティブ・ディストラクション・ラボ、キヴァ、メルシー・コープス、Women’s World Banking

今後100社近くまで参加企業を募り、2020年前半までにリブラ立ち上げを目指す。

また、最初は、プライベートなブロックチェーンでリブラを始めるものの、長期的にはパブリック(非許可型、Permissionless)に移行する予定だという。

一方、リブラは、「リブラ・インベストメント・トークン」というSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)も計画。ネットワークのオペレーション費用などに充てる予定だ。