BTC/USDT

ビットコインは2月26日に50日単純移動平均(SMA:40,261ドル)から下落に転じたが、弱気派は価格を37,000ドル以下に引き下げることはできなかった。2月28日に価格は急反発し、強気派は50日SMAの直上のハードルをクリアした。

BTC/USDT daily chart. Source: TradingView

強気派が50日SMA以上の価格を維持すれば、BTC/USDTペアはチャネルのレジスタンスラインに向けて上昇を開始する可能性がある。このレベルでは、弱気派が強力な防衛を展開することが予想される。強気派は、調整が終わった可能性を示すために、価格をチャネルより上に押し上げる必要がある。

20日指数移動平均(EMA:39,813ドル)は横ばい推移で、相対力指数(RSI)は中間点のすぐ上まで上昇している。これは、強気派が強力なカムバックを試みていることを示している。

このポジティブな見方は、価格が移動平均線の上で維持できなければ、短期的には無効となる。同ペアはその後、再びチャネルのサポートラインまで下落するだろう。

ETH/USDT

イーサ(ETH)は、50日SMA(2865ドル)から下落に転じ、三角持ち合いのサポートラインまで下落したことから、高値圏では引き続き弱気派による売りが集まっていることがわかる。

ETH/USDT daily chart. Source: TradingView

価格は三角持ち合いのサポートラインから反発したが、短期トレンドの変化の可能性を示すには、強気派がETH/USDTペアを50日SMAの上に押し上げ、維持する必要があるだろう。そうなれば、同ペアは三角持ち合いのレジスタンスラインまで上昇する可能性がある。

逆に、移動平均線から下降に転じた場合、弱気派の高値売りが継続することを示唆することになる。そうなると、三角持ち合いを割り込む可能性が高まる。三角持ち合いを下回ると、2300ドルを再トライする可能性が出てくる

XRP/USDT

リップル(XRP)は2月26日にダウントレンドラインから下降に転じ、弱気派がこのレジスタンスを精力的に守っていることが示された。ポジティブな点は、強気派が50日SMA(0.72ドル)のサポートを防衛していることだ。

XRP/USDT daily chart. Source: TradingView

0.75ドル以上を維持すれば、ブル勢は再びXRP/USDTペアをダウントレンドラインの上に押し上げ、維持しようとするだろう。彼らが成功すれば、0.91ドルへの上昇の道が開かれる。

あるいは、現在のレベルから下降に転じた場合、弱気派はペアを0.68ドル以下に引き込もうとするでしょう。その場合、同ペアは2月24日の日中安値0.62ドルを再トライする可能性がある。平坦な移動平均線と中値圏に位置するRSIは、強気派にも弱気派にも明確な優位性を与えてはいない。

 

【関連記事】
株を売るタイミングは?チャートから利確を判断する方法
買いを入れるタイミングは?実際のチャートで解説【株式投資】
チャートの見方・基本を解説【初心者向けテクニカル分析】
損切りのタイミングと損切りしないとどうなるか解説
どの銘柄をいくら買うべき?ポートフォリオとアセットアロケーション【分散投資】
積立投資をしよう!仮想通貨にも有効なドルコスト平均法とは