フェイスブックの仮想通貨リブラ「銀行免許が必要になるケースも」 フランス中銀総裁が発言

フランス中央銀行のフランソワ・ビルロワ・ド・ガロー総裁は、もしフェイスブックの仮想通貨リブラが銀行のようなサービスを提供するなら、マネーロンダリング防止規則(AML)を遵守し、銀行業の免許を取得する必要があると述べた。ロイターが6月25日に報じた

記事によると、ド・ガロ―総裁は、フランスの雑誌「オプス(l’Obs)」のインタビューにおいて、クロスボーダー送金には改善する余地があることを認めたという。その一方でド・ガロ―氏は、「リブラユーザーが持つ匿名性によってリスクが増大する」とし、リブラがAMLを遵守し、取引やユーザーのデータを保護しなければならないと指摘した。

またド・ガロ―氏は、銀行業免許が必要となる可能性についても触れた。

「もしリブラが、決済だけでなく預金のような銀行サービスを提供するなら、運営するすべての国において、銀行業免許を取得している銀行同様に規制されなければならない。そうでなければ、違法になるだろう」

ド・ガロ―総裁は先週、リブラをはじめとする仮想通貨のマネーロンダリング対策や消費者保護などを検討するG7タスクフォースを設置すると表明している


翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

【関連:G7が仮想通貨タスクフォース マネロンや消費者保護などを検討=仏中銀総裁が表明