バックトが仮想通貨版ペイパルを年内に公開か|ビットコインやデジタル証券に対応するキラーアプリ【ニュース】

ビットコイン先物取引を手がけるバックトのアダム・ホワイト社長はスイスで開催されているダボス会議で、ビットコインなどを含むデジタル資産を対象とした消費者向けアプリを今年中に公開すると明らかにした。仮想通貨メディア、ザ・ブロックが報じた

アプリでは仮想通貨だけではなく、ロイヤルティの報酬ポイントやデジタル証券などのバーチャル商品も対象になるという。ブロックはアプリはフレクサなどの仮想通貨の決済アプリよりもペイパルなどの一般的な製品に近いものになるとしている。

バックトは前職のケリー・ローフラー氏がジョージア州議員に就任したことを受けて、CPO(最高生産責任者)を務めていたマイク・ブランディナ氏がCEOに就任。

同氏は昨年10月に消費者向けアプリとポータルの構築に注力していくと述べている。提携しているスターバックスをパートナーとして進めていくとしている。

ホワイト氏は仮想通貨業界で「キラーアプリは実現していない」と指摘。バックトがキラーアプリを開発することに期待を込めている。
 

【関連記事:韓国でスタバの仮想通貨参入に警戒感|伝統的金融機関のライバルに

【関連記事:バックト、新たにビットコイン先物とオプション取引を開始

【関連記事:バックト、現金決済の仮想通貨ビットコイン先物への拡大も計画​​​​​​​

【関連記事:ドイツ取引所、ブロックチェーンで資金調達プロセスを簡素化へ デジタル証券活用

【関連記事:ビットコイン先物手がけるバックトが体制刷新、トップ2人体制で再始動​​​​​​​

【関連記事:800兆円規模! デジタル証券市場に取り組むスタートアップに資金集まる 仮想通貨リップルやコインベースも投資​​​​​​​