米大手銀ウェルズ・ファーゴ 独自のクロスボーダー送金サービスを発表、仮想通貨JPMコインなど意識か

米国の大手銀行ウェルズファーゴが独自の分散型台帳技術(DLT)に基づいたクロスボーダー送金サービス「ウェルズ・ファーゴ・デジタル・キャッシュ」の立ち上げ計画を発表した

「ウェルズ・ファーゴ・デジタル・キャッシュ」は、すでにある自社のグローバルネットワークにおける決済処理の効率性の改善、リアルタイムでの決済を促す。また、最終的な決済を第3者企業を通さず実行することで、送金時間とコストを削減すると説明した。

まず2020年に米ドルでテストを開始する。

既報の通り、米最大手の銀行JPモルガン・チェースが今年2月にクロスボーダー送金市場での活用を目指して独自仮想通貨JPMコインを発表した。

【関連記事:米大手銀行初 JPモルガンが独自の仮想通貨を開発|ダイモンCEOはビットコイン批判の急先鋒

米メディアのザ・ブロックによると、ウェルズ・ファーゴは、ウェルズ・ファーゴ・デジタル・キャッシュは仮想通貨ではなくステーブルコインと言えると回答。また独自DLTは、R3のクロスボーダー送金向けのアプリケーション「コルダ・セトラー」で構築されるという。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版