ハイパーインフレのベネズエラ、匿名通貨DASHのウォレットアプリ需要が7倍増【ニュース】

ハイパーインフレーションに苦しむ南米のベネズエラで、匿名通貨ダッシュ(DASH)の需要が増えている。ベネズエラの法定通貨ボリビアは2019年第3四半期から第4四半期にかけて米ドルに対し、900%下落。信用が大幅に低下しており、仮想通貨への投資が増えるとして注目されている。

ダッシュの広報を務めるマーク・マーソン氏はベネズエラでダッシュのウォレットアプリ(アンドロイド版)を利用しているアクティブユーザーが昨年5月から1月までで7倍以上増加したことを明らかにした。

統計はアプリのインストールではなく、過去30日間に一回以上オンラインになったアクティブユーザーの数だとして、より利用実態に近いデータであることを示した。

ダッシュのウォレットアプリインストール数

(出典:Mark Mason

ビットコインの取引高も高水準

法定通貨への信用が低下しているベネズエラでは、代替資産としてビットコインへの投資が注目されている。

今月18日には過去最高の396億2600万ボリビアを記録した。

政府も世界で初めての官製の仮想通貨ペトロを発行するなど対策に乗り出している。

ベネズエラのビットコイン取引高

(出典:Coindance「ビットコイン取引高(ボリバル建て)」)

【関連記事:ベネズエラ大統領、仮想通貨カジノを立ち上げ 首都の高級ホテルで

【関連記事:ベネズエラ政府発行の仮想通貨ペトロ、取引所において公式価格の半額で売買される

【関連記事:ベネズエラのインフレ率、去年大幅に鈍化|仮想通貨ビットコインの取引高は過去最高を更新

【関連記事:仮想通貨取引所ローカルビットコイン、ベネズエラ法定通貨建て取引高が過去最高更新

【関連記事:ベネズエラが仮想通貨ペトロ裏付け石油量を大幅減少 米国制裁原因か

【関連記事:ベネズエラの取引所、仮想通貨のデビットカード展開へ 政府導入のペトロやビットコインをサポート