シンガポール証券取引所、ブロックチェーン技術によるトークン化資産の決済の試験に成功

シンガポール証券取引所(SGX)は、シンガポール金融管理局(MAS)と共同で、トークン化資産の決済に活用するブロックチェーン技術の試験に成功した。SGXが11日に発表した

SGXとMASは今年8月、米証券取引所のナスダックや大手監査法人のデロイト、シンガポールのテック企業アンクアンと提携し、今回試験した技術の開発を進めていた。

今回開発・試験したのは、DvP(証券の受渡しと資金の決済を同時に実施する決済方法)をブロックチェーンで実施するソリューションだ。

試験では、金融機関や機関投資家が、異なるブロックチェーンプラットフォーム上でトークン化した資産の交換と最終決済を同時に実行できることが証明された。SGXは、これにより業務効率が向上し、決済リスクの軽減につながると考えている。さらにこの技術を使えば、スマートコントラクトを使用してDvPの決済処理を自動化するのに役立つ可能性もあるとしている。

SGXの技術責任者、ティンク・グプタ氏は、SGXが今回のシステムの特許を出願したことも明かした。

「SGXがリアルワールドでのプラットフォームの相互運用と、デジタルトークンと証券の同時交換を可能にするために開発した独自の方法論に基づき、私たちは初めて技術特許を出願した」

シンガポールでは、様々なブロックチェーンソリューションの試験が積極的に行われている。

7月には電子政府サービスを手掛けるCrimsonLogic社が、中国とASEAN諸国との間の貿易を効率化させるため、クロスボーダーのブロックチェーンネットワークを発表した。また10月、シンガポールの電力企業であるSPグループが、ブロックチェーンを使った再生可能エネルギー証書の取引市場を立ち上げた

10月下旬、ナスダックはスマートコントラクトベースの情報リリースシステムの特許を米国で取得。これはメディア業界の向けのシステムで、ブロックチェーンを介してセンシティブな情報を安全に公開することができるようになるものだ。