シンガポールの大手電力会社、ブロックチェーンを活用した太陽光エネルギー市場を開始

シンガポールで電気・ガス大手のSPグループは、29日のプレスリリースで、ブロックチェーンによる再生可能エネルギー証書(REC)市場を立ち上げたと発表した。

プラットフォームは、今週シンガポールで開催されたASEANエネルギービジネスフォーラムで発表された。SPグループは、ブロックチェーンを利用して企業の透明性と効率性を向上させる計画だ。同社のチーフデジタルオフィサーである、サミュエル・タン氏は、次のように説明している。

「ブロックチェーン技術により、企業は再生可能エネルギー証書をシームレスで安全に取引できるようになり、よりグリーンな事業運営を達成し、持続可能な目標に適合する」

この市場は、国内外のRECをサポートする。このRECとは、太陽電池によって特定の量の電気が生産されたことを証明する文書だ。最初の契約は、グローバルな不動産デベロッパーのCDL社と、多国籍な銀行であるDBS銀行によって署名された。太陽光電力の販売を手掛けるクリーンテック・ソーラー・アジアはLYSエナジー・ソリューションズ、カトーネ・ネーティ・シンガポールの3社も市場に参加する。

シンガポールはブロックチェーンを活用したエネルギー・ソリューションは今回が初めてというわけではない。10月上旬には、SkyLedger社が分散型ピアツーピア電力網の計画を発表した。

シンガポール以外にも、再生可能エネルギーの取引を後押しするため、分散型プラットフォームが使われている。米ニューヨーク州では今年2月、ソーラーパネルで発電した電力を売買したい世帯のため、マイクログリッドプロジェクトが立ち上がった