仮想通貨リブラ、方針転換か? 法定通貨バスケット案の放棄も視野=報道【ニュース】

フェイスブックは、仮想通貨リブラプロジェクトで、米ドルなど法定通貨と1対1で連動するステーブルコインを使うアイデアに対してオープンだ。ロイター通信がリブラの中心人物デービッド・マーカス氏の話として報じた

リブラ専用ウォレットを手がけるカリブラ社CEOのマーカス氏は、20日「バンキングセミナー」で代替案にオープンだったと述べた。

「合成のユニットを採用するより、いくつかのステーブルコインを持つことは可能だ。例えば、ドルのステーブルコイン、ユーロのステーブルコイン、ポンドのステーブルコインなどだ。(中略)検討されるべきオプションの1つだ」

これまでリブラは、米ドルや円、ユーロ、ポンドなど法定通貨のバスケットと連動すると発表されていた。法定通貨と1対1で連動するステーブルコインの形を採用することになれば、各国の法規制による解釈の仕方も以前より簡単になるかもしれない。

リブラは、マネーロンダリングやプライバシー問題に対する懸念のほか、フェイスブックが主導しているという事実によって欧米諸国では厳しい目で見られている

【関連記事:日本人には伝わりにくい真実? 仮想通貨リブラ失敗の理由「フェイスブックだから」【独自記事】

ロイターによると、マーカス氏は、法定通貨バスケット案の方が好ましいが、臨機応変に対応することの重要性を指摘したという。

リブラの発行団体であるリブラ協会からは、VISAやマスターカードなど7社が離脱した。先週末にG20は、リブラを念頭にグローバルなステーブルコインに対して厳しい規制を導入することで合意した

【関連記事:【速報】G20、仮想通貨リブラ含むステーブルコインの厳格な規制で合意|黒田総裁は金融政策への影響も懸念

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版