BTC/USD

強気派が直上のレジスタンスである7000ドルを超えることができなかったために売りを引きつけた。このため、直近のサポートである6435ドルを下回ったが、弱気派はさらに下の5660.47ドルを破ることはできなかった。これは低いレベルでの需要を示しており、ポジティブな兆候だ。

(出典:Tradingview)

現在強気派は6435ドルを超える価格と20日移動平均を6520ドルに引き上げようとしている。成功すれば7000ドルへの再テストが可能だ。このレベルを超えれば50日SMAが7985ドルに、さらにその上の9000ドルも見えてくる。

一方で我々の想定に反し、BTC/USDペアが20日EMAから下落し、5660.47ドルのサポートを下回れば、5000ドルへ落ち込む可能性もある。トレーダーは5600ドルのストップロスでロングポジションをとっておこう。

ETH/USD

イーサ(ETH)は引き続き117.090〜155.612ドルの範囲で取引される。20日間EMAは下降傾向にあり、相対力指数(RSI)は売られ過ぎのゾーンにある。これは弱気派が優勢であることを示している。

(出典:Tradingview)

レンジを破り、落ち込んだ場合はETH/USDペアは100ドルに、さらにそれを下回ると84.250ドルになる。一方でレンジ内のサポートから反発した場合は数日間の調整があるだろう。

今後、155.612ドルを超える勢いを取り戻し、このレベルと超えれば198ドルの50日間SMAに到達する。そのため、これまでの分析で示したロングポジションを推奨する。

XRP/USD

強気派が0.17468ドル以上を維持できなかったために売りが集まった。弱気派は3月29日に下落を始めたが、強気派が0.16ドルのサポートを維持した。

(出典:Tradingview)

強気派が0.17468ドル以上の価格を推し進め、そのレベルを維持できればXRP/USDペアは勢いを取り戻す可能性がある。最初のターゲットは0.22ドルで、その次は0.25ドルだ。

この仮定とは反対に、価格が再び0.17468ドルから下落した場合、弱気派は0.1275ドルまで押し下げるだろう。そのため、ロングポジションのストップロスは0.143ドルを維持しよう。0.19ドルを上回った場合はストップロスを0.16ドルにすることをお勧めする。

BCH/USD

ビットコインキャッシュ(BCH)は3月27日に20日EMAで反落したが、買い手は197.43ドルのサポートに反応した。これは押し目での需要を示しており、ポジティブなサインだ。

(出典:Tradingview)

強気派は20日間EMAの227ドルと水平レジスタンスの247.95ドルに引き上げようと試みる。これに成功すればBCH/USDペアは勢いを取り戻し、50日SMAの304ドル、さらにこれを上回る350ドルに達する可能性がある。

そのため、トレーダーは250ドル以上で買いを行い、ストップロスを197ドル以下に保っておこう。しかし、価格が197.43ドルを下回った場合はこの予測は無効になる。この場合は166ドルまでの下落もあるだろう。
 

LTC/USD

27日のライトコインは20日間EMAの42.14ドルから下落した。20日間EMAは下落傾向にあり、RSIは売られ過ぎのゾーンにある。35.8582ドルを下回ると価格は30ドルまで引き下げられる。

(出典:Tradingview)

現在、LTC/USDペアは35.8582ドルのサポートからの反発を挑戦している。強気派が20日EMAの41.12ドル、水平レジスタンスの43.67ドルを超える価格を維持できる場合、勢いを取り戻す可能性がある。

上値の最初のターゲットは55.63ドルの50日間SMAだ。このレベルを超えると63.8769ドルに達する可能性がある。これまでに提案しているように、トレーダーはロングポジションを始めることができる。

 

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています

 

【PR】コインテレグラフのレギュラーコメンテーター「トシムリン」が運営する「仮想通貨研究所LINE」の登録はこちらから!抽選で100名様に500円分のイーサリアム(ETH)をプレゼントキャンペーンも実施中!なぜETHなのか?その答えと「無料」でトレードにおける情報や「ツボ」と「コツ」を手に入れよう。