OmiseGoの仮想通貨取引所Go.Exchangeが事業停止へ、「規制の複雑化と不確実性」が理由【ニュース】

ブロックチェーン企業OmiseGoが手掛ける仮想通貨取引所Go.Exchangeが、3月15日でサービスを停止する。Go.Exchangeが30日にブログで発表した

発表によれば、1月30日時点で出金以外のサービスは停止しており、ユーザーに対して3月15日までにすべての資金を引き出すように求めている。

サービスを停止した理由として「仮想通貨規制の複雑化や不確実性」をあげている。Go.Exchangeはマルタでライセンス取得に向けて準備を進め、当局との折衝も行っていたが、規制によるコスト増大を考慮し、今回の決定に至ったという。

規制コスト増大でサービスを停止するケースが最近増えている。EUの第5次マネーロンダリング指令(5AMLD)を受け、ビットコイン決済サービスのボトルペイが12月にサービスを停止。ほかにもチョッピコインやシンプルコインが事業を停止すると発表している

【関連記事:野村HDが仮想通貨OMG発行のOmiseに出資 子会社の事業拡大図る

【関連記事:【追記あり】「事実ではない」仮想通貨決済サービスのOmise創業者 「タイのCPグループがOmise買収」報道でコメント

【関連記事:仮想通貨OmiseGOのOmise 三井不動産などから資金調達

【関連記事:仮想通貨取引所クラーケン、OmiseGoを上場 | 金と連動のPAXゴールドも

【関連記事:OmiseGoが「ユニバーサル・プロトコル・アライアンス」に参加 ステーブルコインの決済支援

【関連記事:米STOプラットフォームのセキュリタイズ、日本のブロックチェーン企業BUIDLを買収 | 日本市場への進出加速か