仮想通貨取引所クラーケン、OmiseGoを上場 | 金と連動のPAXゴールドも【ニュース】

サンフランシスコ拠点の仮想通貨取引所クラーケンは、OmiseGo(OMG)PAXゴールド(PAXG)トークンを上場する。10月28日にブログで発表した。10月29日より米ドルユーロなどの法定通貨および両トークンやビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)のペアの入出金や取引が可能になる。

OmiseGoは、長谷川潤氏が創業した決済企業Omiseが手掛けるイーサリアム(ETH)基盤ネットワークであり、OMGトークンを使用しているCOIN360によると、OMGはこの記事の執筆時点で1.03ドル(約112円)となっている。

OmiseGoはまた、今月初めに、ブロックチェーンおよび仮想通貨に特化した企業らで構成されるユニバーサル・プロトコル・アライアンスに参加を表明していた。ユニバーサル・プロトコル・プラットフォームのトークンを決済処理技術に組み込み、OmiseGoを通じて金融サービスや税金徴収、取引手数料などにステーブルコイン「ユニバーサルプロトコルダラー(UPUSD)」などを使用させる狙いがあるとしていた。

PAXGは、イーサリアムベースのERC-20トークンで、その価値は現物のゴールド(金)と連動しているコインマーケットキャップによると、この記事の執筆時点で1507.40ドル(約16万4300円)となっている。英ロンドンの専用施設に保管されている「ロンドングッドデリバリーゴールド」の1ファイントロイオンスに支えられている。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版