2年以内に”グーグルコイン”か、FANGの仮想通貨プロジェクト開始をウィンクルボス兄弟が予想

米国の仮想通貨起業家、タイラーとキャメロンのウィンクルボス兄弟は9日のCNBC「今後2年以内に全てのFANG(フェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、グーグル)が何らかの形で仮想通貨プロジェクトを始めるだろう」と予測した。

ウィンクルボス兄弟は、フェイスブックのリブラに他のFANGが続くのも時間の問題とみている。

また、来週に米議会の公聴会に臨むフェイスブックに対して、「規制当局と協力すること」をアドバイス。ただ、技術発展を妨げないように規制当局を教育することが大事とし「許可を求めるのであって、許しを請うのではない」と話した。

米議員の一部がリブラの開発中断を求めている他、昨日はFRB(米連邦準備理事会)のパウエル議長が「深刻な懸念」を表明した。

【関連記事:米FRB議長、フェイスブックの仮想通貨リブラに「深刻な懸念」 厳格に対処する姿勢示す

また米ドルと連動するステーブルコインであるジェミニ・ドルを手がけるウィンクルボス兄弟は、リブラが米ドルだけでなく主要通貨のバスケットに裏付けされると指摘し、ジェミニ・ドルとリブラは競合にならないと主張。その上で「ビットコイン/リブラのペア、リブラ/ジェミニのペアも面白い」と話した。

リブラのホワイトペーパー発表以降、ジェミニ・ドルの時価総額が急減している。リブラがステーブルコインと似た機能の構築を目指していると見られることから、仮想通貨アナリストからは既存のステーブルコインにとっては「本当に気の毒な話」という声が出ていた

【関連記事:”ビットコインではなくブロックチェーンを信じる”はもう通用しない? 仮想通貨アナリスト、フェイスブックのリブラを歓迎