フランス中央銀行副総裁、ブロックチェーンで欧州金融システム改善を呼び掛け 【ニュース】

フランスの中央銀行であるフランス銀行のデニス・ボー第1副総裁は、欧州の決済や支払いシステムに分散型台帳技術(DLT)技術を採用することを呼び掛けた。11月21日に開催されたAFME年次キャピタルマーケット技術改革カンファレンスで述べた

ボー氏は、ブロックチェーン基盤のソリューションの導入は欧州の金融業界に効果的であると示唆した。

金融資産のトークン化とブロックチェーン基盤のソリューション、こういった資産の保管とトランスファーに向けたより幅広い分散型台帳技術は、市場の需要に答える手助けとなる可能性がある

さらに、DLTは収益、決済処理、各通貨間の決済、そして運用上の問題への対応力を向上させるとした。

中央銀行がユーロを決済資産として有効にするという目的で、技術実験に対してオープンであるべき提案した。

「我々、フランス銀行は、それゆえ、このユーロシステムにおいて、欧州中央銀行(ECB)と他の中央銀行とともに、特にホールセール用の中央銀行デジタル通貨に関して、その方向で実験を行うことに極めてオープンだ」

ボー氏は、より素晴らしい欧州金融システムに向けての新たな技術採用は、チャレンジなしには実現しないとし、特に決済方法に関しては、市場インフラへの「無秩序のアプローチや不均等な採用」のリスクがあると指摘した。

ボー氏は今年10月中旬、伝統的な銀行基盤のエコシステムは、ブロックチェーンやDLTといった多くの技術開発により、著しい課題に直面する可能性があると述べていた。

「仮想通貨と呼ばれるもの、(中略)、そして、ステーブルコインと呼ばれるものの出現で、我々もまた、我々の支払いシステムの軸として、商業および中央銀行のマネーと競合し、可能性として代替えとなる、新たな決済資産の開発を目にするかもしれない」

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン