米コインベース、仮想通貨ギフトカードの提供をスタート

 米国の仮想通貨取引所大手のコインベースが、仮想通貨ギフトカードの市場に参入した。特定の国の顧客は、仮想通貨をブランドのeギフトカードに交換できるようになる。7月25日の同社のブログ記事により明らかになった。

 同ブログ記事によると、英国に拠点を置くスタートアップ企業であるウィーギフトとの連携により実現したこの新たなサービスにより、仮想通貨所有者は事実上、ナイキ、テスコ、ウーバー、グーグルプレイ、チケットマスター、ザランドなどのブランドの商品やサービスの代金の支払いに仮想通貨を使用できるようになるという。

「本日より、欧州とオーストラリアのコインベースの顧客は、所有する仮想通貨をすぐさまeギフトカードに使えるようになる。このことにより、当社は仮想通貨をeギフトカードに直接使用できるサービスを提供する史上初の取引所となった」

 同ブログ記事によると、この新しいサービスはまず、英国、スペイン、フランス、イタリア、オランダ、およびオーストラリアで利用できるようになる。また、コインベースは「今後3か月にわたり」同サービスを利用できる小売業者と市場の数を増やす予定であり、「その後すぐに他国にもサービスを提供することを目指している」という。

 米大手旅行予約サイトのエクスペディアが6月に支払い手段としてビットコイン(BTC)を受け入れることを秘かに停止するなど、主要ブランドでの仮想通貨の採用率は依然として低いこと。だが、仮想通貨を受け入れに前向きの反応を示している業界もある。例えば、米NPO「報道の自由財団」は、仮想通貨による寄付の受け付けを始めた初日に、1000ETH(現在約46万9000ドル)の寄付を受けたと発表している