あるブロックチェーンプロジェクトが、分散化の限界に挑戦しながら大規模なスケーラビリティを実現しようとしている。

この「真に分散化された」ブロックチェーンは2020年5月7日にローンチを迎えたが、一つもトークンを販売しなかったという点で際立っていた。

一年経った今でも、このプロジェクト「フリーTON」はトークンを販売していないし、今後もしないだろうと、TON LabsのCTOであるMitja Goroshevsky(ミーチャ・ゴロシェフスキー)氏は5月3日のコインテレグラフのAMAで語っている。

プルーフオブステーク型のブロックチェーンプロジェクトではバリデーターがかなりの量のトークンをステークして取引の正当性を検証するのが一般的であるため、これはかなり異例のことだと言える。

しかし、そもそもフリーTONはメッセージングサービス「Telegram」のTelegram Open Networkブロックチェーンの残骸から生まれたプロジェクトであり、色々な意味で標準からはかけ離れている。

フリーTONを誕生させるにあたって、Telegramは17億ドル相当のトークンを投資家に事前販売した。しかし、米国証券取引委員会が介入してこの販売を違法な証券募集とみなしたため、Telegramは12億ドルを投資家に返還し、プロジェクトを放棄せざるを得なくなった。

しかし、すでに多くの作業を終えていたTONの17人の開発者たちは、このブロックチェーンプロジェクトを継続することを決意する。これが、フリーTONのコア開発者であり、TON LabsのCEO、Alexander Filatov(アレクサンダー・フィラトフ)氏が言う「真に分散型のガバナンスという点で、世界最大級の社会的実験の一つ」にあたる。「このプロジェクトは誰も運営せず、誰も所有していない。基盤もないし、法人もない。つまり完全にコミュニティ主導のプロジェクトだ。ICOやトークンの販売を一切行わなかったのはこのためだ。」

真の分散型ブロックチェーン

代わりに、50億のフリーTONトークン「TONクリスタル(TON)」が、コミュニティが開発・審査したコンテストで配布されている。これは、Goroshevsky氏が言うように、中央で管理された助成金ではなく、ネットワークの発展に貢献した人への報償として与えられている。

Filatov氏によると、これまでに4億5,000万のTONクリスタルが「ネットワークにユースケース、ユーザー獲得、アダプションなどの貢献をもたらしたバリデーター、開発者、パートナーに授与された」という。このようにトークンを販売しないという方針には、SECなどの規制当局の介入を避けられるという利点もある。

フリーTONについての詳細はこちら

プロジェクト成長の過程で、フリーTONは17人だったバリデータプールを450人以上に拡大させた。「これだけの数があれば、どんな企業も過剰にノードをコントロールすることはできない」とFilatov氏は言う。コア開発者であるTON Labsでさえ、TON クリスタルの5%しかコントロールしていない。未配布のトークンは、特定のグループが管理できないマルチシグウォレットに保管されている。

唯一、中央管理されているのは、バリデーターがスイスの企業で顧客確認(KYC)プロセスを受けることだけだ。TONの開発者にはバリデーターの身元は明かされず、禁止されている国から来ていない正当な人物であることだけが伝えられている。

2021年は「爆発的な普及」の年

プロジェクトの今後について聞かれたFilatov氏は、1年目はブロックチェーンとそのガバナンスシステムが機能することを確認した年だったと答えた。

「2年目はフリーTONのアダプションに注力したい。何百ものユースケースを経て真のユースケースが得られれば、普及の突破口が見えてくるかもしれない...できれば何百万人ものユーザーを獲得したい」。

とはいえ、プランニングの多くは、DeFiやNFTなど関心のある分野を中心に構築された30以上のサブガバメントDAOコミュニティや、各国のグループによって行われている。

Filatov氏は、重要な分野のひとつとして相互運用性を挙げており、イーサリアム、ポルカドット、テゾスの各ブロックチェーンへの橋渡しを構築中であると述べている。また、Goroshevsky氏は、イーサリアムと互換性のあるラップド(Wrapped) TONトークンと組み合わせることで、フリー TONは分散型取引所と資金の流動性を引き寄せることができると考えている、とも述べている。

「フリーTONは最速のネットワークの一つであり、中央集権的な取引所の速度で運営される分散型取引所を構築することができる」

Goroshevsky氏によれば、チームは1秒あたり数十万件の取引を目指しているという。

この大規模なスケーラビリティは、イーサリアムのような「分散型だが閉塞的なブロックチェーン」の上に非中央集権的なブロックチェーンを置く機能を果たすレイヤー2ソリューションを必要とせずに実現できると、Goroshevsky氏は付け加えた。

DeBotsはメインのスマートコントラクトに付随する第2のスマートコントラクトで、ブロックチェーンと連動しながらユーザーのブラウザ内でコントラクトをローカルに実行させることができるという。

Goroshevsky氏は最後にこう語った。

「このような技術が、分散型アプリの新しいユーザー体験の礎になると信じている。」

Free TONについての詳細はこちら 

免責事項 : コインテレグラフは当ページのいかなるコンテンツや製品も推奨していない。当社は自らが得たすべての重要情報を提供することを目的にしているが、読者はこの企業に関係したあらゆる行動をとる前に独自の調査を行い、自身の決断については全責任を負わねばならない。また、当記事は投資や金融商品購入のアドバイスではない。また、日本国居住者は本稿で言及された仮想通貨トークン、プロダクト、サービスを購入することはできない。