ビットフライヤーやLiquid、コインベースなど主要仮想通貨取引所、1月の取引高が軒並み増加=分析企業【ニュース】

世界の主要な仮想通貨取引所の1月の取引高は軒並み増加していたようだ。仮想通貨分析企業のクリプトコンペアが主要取引所の過去3ヶ月間の取引高のデータをツイートした

出典:Cryptocompare

クリプトコンペアが明らかにしたのは、米取引所コインベースやクラーケン、ビットフィネックス、欧州拠点のビットスタンプ、日本とシンガポールで展開するLiquid、日米欧で取引所を手掛けるビットフライヤーだ。

各取引所は12月の取引高が前月比で減少しているものの、1月には大幅に取引高が増加している。

Liquidやビットフライヤーは12月比で50%近く増加したようだ。ビットスタンプは70%、ビットフィネックスとコインベースはそれぞれお90%、80%増加している。クラーケンの伸びが最も高く、倍近く増えており、25億ドルから55億ドル近くまで増加している。

1月は米イランの緊張激化でビットコイン価格が上昇。月初から30%近く上昇し、昨年6月以来で一番のパフォーマンスとなった。ビットコインを中心とする仮想通貨相場のパフォーマンスの良さが、各主要取引所の取引高増加につながったとみられる。

【関連記事:今年1月のビットコイン、昨年6月以来で最高のパフォーマンス

【関連記事:XRPが独歩高、昨年11月以来の水準に | アナリスト「ビットコインはまだ健全」

【関連記事:「ゼロよりは価値がある」ビットメックス、仮想通貨XRP(リップル)の永久スワップ開始|XRPは5%超の高騰

【関連記事:歴史は繰り返す?XRP(リップル)180%上昇のための条件とは

【関連記事:「コロナウィルス感染拡大とビットコイン価格は相関」、感染ピークまで上昇続ける=大手投資顧問CEO

【関連記事:ハイパーインフレのベネズエラ、匿名通貨DASHのウォレットアプリ需要が7倍増