仮想通貨ビットコイン、24時間で10%超急落 「FRB議長発言がきっかけ」説が濃厚か

ビットコイン(BTC)は7月11日、10%以上急落した。既報の通りFRB(連邦準備理事会)のパウエル議長がフェイスブックのリブラに対して深刻な懸念を表明したことが急落要因と指摘する声があったが、米主要経済メディアも同じ論調で伝えており、仮想通貨業界・伝統的な金融業界の双方でリブラを軸にビットコイン価格が動いたというストーリーが形成されつつある。

Market visualization

(出典:Coin360

Coin360のヒートマップは真っ赤に染まっている。きっかけになったのは、FRBのパウエル議長によるリブラに深刻な懸念発言だ。

過去数週間でビットコインが上昇した背景には、リブラのホワイトペーパー発表があったという見方は多い。リブラのおかげでビットコインをはじめとした仮想通貨業界の信憑性が増すという声や、中央集権的なリブラ普及のおかげで逆にビットコインの真の価値に気づくという見方まで出た。

【関連記事:”ビットコインではなくブロックチェーンを信じる”はもう通用しない?仮想通貨アナリスト、フェイスブックのリブラを歓迎

【関連記事:仮想通貨取引所ビットメックスのヘイズCEO、なぜリブラがビットコインにとって好材料か解説他のアナリストと一線を画す

ただリブラに対して懸念を表明する政治家は中銀関係者は多く、今回のFRB議長の発言によってリブラ開発に対する不透明感が一気に高まった。

【関連記事:米FRB議長、フェイスブックの仮想通貨リブラに「深刻な懸念」 厳格に対処する必要

米国金融関係者が毎日欠かさずに視聴する米主要メディアのCNBCも、FRB議長の発言によってビットコインが下がったと報道している

執筆時点(7月11日17時)までの24時間でビットコイン/米ドルは10%以上下落し、1万1530ドルで推移している。数日前までは1万3160ドルまで上昇し、今年の最高値を狙う位置につけていた。

Bitcoin 7-day price chart

(出典: Coin360「ビットコインの価格(7日間)」)

一方、ビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインも急落している。トップ20で15%以上下落した通貨も複数ある。

イーサリアム(ETH)は、300ドルのサポートを再び割り込み、272ドルまで下がった。

Ether 7-day price chart

(出典: Coin360 「イーサリアムの価格(7日間)」)

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

仮想通貨相場のリアルタイム追跡はこちらから