7月2日人気仮想通貨のテクニカル価格分析!新しい買いのステップは?

ここに示した見方や意見は著者単独のものであり、コインテレグラフの考えを必ずしも反映するものではありません。リスクを含むトレードや投資の際には、自身で調査を行ったうえで判断するようお願いします。市場データはHitBTCから提供されています。

 仮想通貨市場全体の時価総額は、29日の2330億ドルから30日には2660億ドルに増加。1日で11.58%も上昇した。これは市場にはまだ活力があり、トレンドが変化したら急速に回復する可能性を示している。

 現在のビットコインの調整と2014年の急落を比較されることは多々ある。しかし、我々はこの回復は同様でないと考えている。なぜなら4年前、ビットコインはコアなサポーターしかいなかったが、18年はメディアに積極的にカバーされているからだ。

 機関投資家から潤沢な資金が流入すれば、これは重要な出来事となり、仮想通貨の価格は大きく変動するだろう。アリアンツのチーフエコノミックアドバイザーであるモハマド・エル・エリアン氏は、もしビットコインが5000ドルレベルに下落したら購入したいと発言した。これは伝統的な投資家が、参入に興味を示している証だ。様々なアナリストや投資家がビットコインがどれだけ上昇しうるかの予測をしている。

 ビットメックスのアーサー・ヘイズCEOは、ビットコインは年末までに5万ドルに上がると予想した。我々はそこまで上がるとは考えないが、現在は底にあると確信している。仮想通貨の買いチャンスがあるか見てみよう!

BTC/USD

 ビットコインは29日と30日、上昇が顕著だった。5910.65ドルからのプルバックは、ダウントレンドラインと20日間EAMをクリアした。売り圧力は6000ドルを下回らず、これは売り手が力を失っていることを意味している。

BTC/USD

 もしBTC/USDペアが6650ドルレベルを維持した場合、7750ドルへの上昇もありえる。6877.36ドルに小さなレジスタンスがあるが、これは超えられると予想する。

 それゆえ、6650ドルでポジションの半分を建て、残りの半分を6900ドルで建てよう。最初のストップロスは5900ドルだ。

 5900ドルレベルを維持できたら、ビットコインは6000〜1万2000ドルの大きなレンジを形成するだろう。しかし、もし5900ドルを下抜けた時は、強気の見方を修正しなくてはならない。チャートの行方を見て戦略を練り直す可能性もあるだろう。

ETH/USD

 イーサリアムの29日安値からの上昇は、ダウントレンドラインへの失速の後、すぐに20日間EMAに達した。弱気筋が20日間EMAの481ドルを守ろうとするだろう。

ETH/USD

 もしETH/USDペアが現在のレベルから400ドルに下がった場合、弱気の兆候が現れ、クリティカルサポートの358ドルまで下落するだろう。

 もし20日間EMAを上抜けたら、600ドルレベルへのラリーが起こる可能性があり、その間は550ドルレベルで小さなレジスタンスに直面するだろう。

 それゆえ、トレーダーは500ドルCEO于禁でロングポジションを建て、400ドルにストップロスを置こう。リスクに見合う見返りがそれほど魅力的ではないため、ポジションは通常の40%にしておこう。また、リスクを最小限にするため、トレーリングストップを高く設定する必要もある。

XRP/USD

 リップルでは強い買いがまだ戻っていないようだ。20日間EMAやダウントレンドラインに達し損ねている。

XRP/USD

 現在のレベルから力強く上昇できない場合は、XRP/USDペアは売りの圧力に晒されるだろう。0.56270ドルレベルを上抜け維持した場合にのみ楽観的になれる。それまでは、ポジション建てるのを待つとしよう。

BCH/USD

 ビットコインキャッシュ(BCH)は657ドルレベルから上昇し、ダウントレンドラインを上抜けた。現在は20日間EMAでレジスタンスに直面している。これを抜けたら、934ドル、その上は1200ドルへ上昇しそうだ。

BCH/USD

もし弱気筋が20日間EMAを守った場合、BCH/USDペアは29日安値の657.8ドルにスライドする可能性がある。このレベルを下抜けた場合、ビットコインキャッシュはネガティブになる。
それゆえ、20日間EMA上で終値をつけた時にロングを構築することを勧める。ストップロスは650ドルだ。リスクに見合う報酬が期待できないので、ポジションは通常の40%に抑えておこう。

EOS/USD

 イオスは過去8日間、狭いレンジでの取引が続いている。このレンジを上抜けた時、ダウントレンドラインに向かって推進し、そこでレジスタンスに直面する可能性がある。

EOS/USD

 短期トレーダーはこの上昇から利益を得られる可能性があるが、ポジショントレーダーは新しい買いのパターンが現れるまで待ったほうが良さそうだ。EOS/USDペアがダウントレンドラインを上抜け数日間維持できた時、楽観的な見方ができるだろう。

 両移動平均線の下にあるかぎり、ラリーは売りを招くと予想する。

LTC/USD

 ライトコインはダウントレンドライン上を維持しようとしている。これは下落の可能性が低まったことを示している。しかし、20日間EMAと100〜107.102ドルで強いレジスタンスが現れると予想される。

LTC/USD

 しかし、頭上のレジスタンスから反落し、74ドルレベルを下抜けたら、ダウントレンドは再開するだろう。低いレベルで維持されれば、 上昇トレンドの前にLTC/USDペアは数日間保ち合いになるだろう。

 新しい買いの機会が現れてからポジションを建てよう。

ADA/USD

 カルダノはサポートの0.13ドルを下抜け、そこを維持できなかった。カルダノは20日間EMAへプルバックし、そこで強いレジスタンスに直面している。

ADA/USD

 前回は3〜4月に0.13ドルレベルに落ち込んだ。当時は20日間EMAを上抜けた時にADA/USDペアはトレンドを転換した。

 今回は、0.182ドルを上抜けた時、勢いを得ると予想する。それまではポジションを建てるのを待とう。下降局面では、0.13ドルと0.111843ドルが強いサポートとして作用する。

XLM/USD

 ステラは29日に0.16767780ドルレベルから回復し、ダウントレンドラインを上抜けた。これは下落の可能性が低下したことを示すが、買うのにはまだ早いだろう。

XLM/USD

 XLM/USDペアは5月9日以降、20日間EMAを上抜けていない。それゆえ、20日間EMAを上抜け、数日間維持できるまでポジションを建てるのを控えた方が良さそうだ。

 下降局面では、0.16767780〜0.184ドルが強いサポートゾーンになる。このゾーンを下抜けたら、0.138ドルへの下落もあり得る。

IOTA/USD

 IOTAは0.9150ドルレベルを維持している。サポートからのプルバックのおかげで、大きいレンジ形成の可能性が高まった。

IOTA/USD

 20日間EMAとダウントレンドラインで強いレジスタンスに直面すると予想する。この2つのレベルを上抜ければ、2ドルレベルへの上昇もあり得る。IOTAはこの時に魅力的なトレードの機会を提供するだろう。

 しかし、トレーダーはダウントレンドライン上で終値がつくのを待つべきだ。そしてストップロスは24日安値で維持するのが良いだろう。もしIOTA/USDペアが20日間EMAで売りの圧力にあった時は、0.885ドルへの下落もあり得る。

TRX/USD

 トロンは直上のレジスタンスである0.03738021ドル上へ戻ろうとしている。上昇局面では、20日間EMAで強いレジスタンスに直面するだろう。このレベルは5月23日から上抜けられていない。このレベルを超えたら、ダウントレンドラインを試す動きが再び起こりそうだ。

TRX/USD

 TRX/USDペアはダウントレンドライン上で数日間維持できた時に再びポジティブになるだろう。

 RSIのポジティブダイバージェンスはこの通貨の上昇を示唆している。しかし、新しい買いのステップが形成されるまで、ポジションを建てるのは控えよう。

 

  • フォローはこちら: