ステラニュース

ステラはリップルのプロトコルをベースとして構築された決済テクノロジーだが、開始以来絶えず変化している。ステラは、リップルとは異なり、銀行システムや既に確立された金融機関ではなく、発展途上のマーケットと協力することを目指している。 ステラはトランザクションの承認の点でビットコインとも大きく異なっている。ネットワーク全体を使用してトランザクションを検証するのではなく、ステラはプール全体の一部であるクォーラムを使う。この機能により、ステラは中小企業や非営利団体、小規模な銀行、社内間取引に適したものといわれている。ステラのパートナーシップで重要なものの1つが、IBMとの提携だ。IBMは南太平洋の国々のトランザクションのための回廊としてステラのネットワークを使っている。