豪州政府、ブロックチェーン推進の国家戦略を開始 | 金融業やワイン産業を重点分野に【ニュース】

豪州政府は、ほぼ1年間の準備期間を経て、2月7日からブロックチェーン戦略を開始する予定だ。

政府の産業科学技術省と貿易観光投資省が昨年3月にブロックチェーン国家戦略とロードマップを発表していた

ロードマップの中では、豪州のブロックチェーン産業をグローバルなリーダーの立場に押し上げ、ブロックチェーン技術を銀行業や金融業、ワイン産業といったセクターに適用することを目指している。

豪州産ワインに焦点

シドニー・モーニング・ヘラルドは2月7日、カレン・アンドリューズ産業科学技術大臣の発言を伝えている。アンドリューズ大臣は、5年間のブロックチェーン・ロードマップをもとに、規制当局やスタートアップ、研究者の作業を支援していくと語った。ブロックチェーンセクターは2594億豪ドル(約1920億円)の価値があると発言した。

アンドリューズ大臣は、ブロックチェーンにより輸出機会を強化することができると指摘。特にワインの輸出や品質管理について、豪州メーカーが商品を追跡できるようになることで、コスト削減につながるとの考えを示した。

豪州のワインは最も成功している輸出商品の1つであり、2000を超える輸出業者が世界各国に輸出している。 

豪州のブロックチェーン支出

しかし、政府はいまのところ、ブロックチェーン・ロードマップの実装に資金を割り当てていない。

昨年3月、豪州政府は、ブロックチェーン関連でデジタルトランスフォーメーション庁に70万豪ドルを割り当てた。また国際的なブロックチェーン標準の開発を促進するために、35万豪ドルの予算をつけている。

【関連記事:豪州の少額投資スタートアップが仮想通貨ビットコインを含む新ファンドを提供

【関連記事:米仮想通貨取引所クラーケン、豪州の取引所ビットトレードを買収

【関連記事:仮想通貨取引所バイナンス、豪州の山火事被害に対して1億円相当のBNB寄付へ

【関連記事:仮想通貨取引所バイナンスが豪州で取引所開設か|CZが豪メディアに明らかに

【関連記事:ブロックチェーンP2P電力取引を豪州で大規模展開 パワーレッジャーが電力卸売業者と提携

【関連記事:リップルの決済技術ODL、豪州・フィリピン間の送金に活用へ 豪企業がSWELLに合わせて発表