仮想通貨ビットコインにとって”最悪の月” 8月に突入、8600ドルまで下落も?

8月2日のビットコインは1万ドルを回復したものの、比較的狭いレンジ内での推移が続いている。過去のデータからは8月はビットコインにとって最悪の月となっており、大幅上昇が期待できない状況が続くかもしれない。

(出典:Coin360「ビットコイン/米ドル(1ヵ月)」)

米国の金融関係者は7月末から夏休みを取ることで知られており、日本では8月はお盆がある。

取引量が減少することが背景にあるのか、歴史的に8月はビットコインにとって大きなリターンが見込めない月として知られている。

仮想通貨アナリストのティモシー・ピーターソン氏が集計したデータによると、2010年以降、8月のビットコインのリターンの中央値はマイナス14%ほど。最悪の月となっている。

(出典:Timothy Peterson

一方、1番リターンがあるのは4月で、25%以上。また、5月、6月も10%以上のリターンがあり、今年の4~6月に続いた強気相場と傾向が一致している。

仮に今年も14%下がるとすると、単純計算で今年の8月は8600ドルまで下がることになる

8月の主なイベント

今年8月の主なイベントは現時点では次の通りだ。

この他、米中貿易戦争の行方にも注意した方が良いかもしれない。

6月末に米国と中国は貿易戦争の「休戦」で合意したものの、8月1日にトランプ大統領が、両国間の合意内容が実行されなかったことを理由に約3000億ドル分の中国製品に10%の関税をかけると発表した

4~6月にかけてのビットコインが上昇した背景には、米中貿易戦争の激化があるという見方は根強い。また、世界経済への不透明感はFRBも利下げ材料として注視している。

【関連記事:「米中貿易戦争で株が暴落する中 仮想通貨ビットコインが安全資産として機能」米主要経済メディアが認める