ビットコイン続伸。遂に仮想通貨市場が雇用統計を注目か?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康夫(まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通fxcoin

Review

催促相場開始

昨日のBTC相場は堅調な推移。1万ドル台に乗せ、足場を固めると、更に上値を試す展開となっている。米公聴会を無難に通過した事、北朝鮮のミサイル発射、LedgerXの現物渡BTC先物ローンチの報もあり1万ドル台(日本円で107-109万円)に乗せたBTC相場だが、米FOMCでの利下げ幅が25bpに止まった事、パウエルFRB議長が今回の利下げは予防的で単発だとした事も有り一旦は上値を重くした。しかし、トランプ大統領がすぐさま利下げ幅に不満を表明、他市場も追加緩和を試しに行く展開となった。まず、利下げ幅が不十分としてドル買いになっていた為替が金利低下を先取りしてドル売りに転じると、金価格が急騰。更に米ISMが3年ぶりの低水準となった事を受け米10年債金利が2%を割り込むと、BTCもじりじりと値を上げ始め米大統領が対中輸入の残り3000憶ドル分に10%関税を課すとしたことで米株も急落、再度のミサイル発射もあり112万円台まで上昇した。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。