世界の19% 2019年以前に仮想通貨を購入【カスペルスキー調査】

ロシアのサイバーセキュリティ企業カスペルスキーは、世界の人口の19%が2019年以前に仮想通貨を買ったことがあることを示す調査を発表した

「カスペルスキー仮想通貨レポート2019」と題された調査は、2018年10月と11月に行われ22ヵ国1万3434人から回答を得た。以下が主な結果だ。

  • 81%が仮想通貨を買ったことがない
  • 10%が仮想通貨がどのように機能するか完全に理解している
  • 35%が仮想通貨はFADと考えている
  • 14%のまだ仮想通貨を使ってない人々は、今後使いたいと考えている
  • 19%の仮想通貨利用者は、ハッキングを経験している。
  • 15%は仮想通貨詐欺の犠牲者になったことがある

また、世界の投資家が仮想通貨をやめた理由としては、「ボラティリティ(変動幅)が高すぎる」が31%と多かった。「弱気相場で損失が出た」や「仮想通貨は利益を生まない」はそれぞれ23%で続いた。さらに22%は、リアルな資産で裏付けられていないから仮想通貨をやめたと主張した。

一方、ハッキングや詐欺が仮想通貨をやめる理由にあげる人はそれぞれ19%と15%と比較的少なかった。

カスペルスキーは、仮想通貨への理解の欠如が普及の妨げになっていると指摘している