Zilliqa News

Zilliqa is a blockchain platform launched in 2017 by the team of developers from Singapore and the UK. The platform was designed for creating smart contracts and dapps and uses a mixed consensus mechanism: proof of work and Byzantine Fault Tolerance. The main feature of Zilliqa blockchain is high scalability possible due to network sharding: new shard every 600 nodes. The testnet has shown the possibility of almost 2500 transactions per second. Zilliqa is powered with ZIL cryptocurrency, an ERC-20 token, used to pay fees during transactions. ZIL coin was introduced to publicity at the beginning of 2018 and stayed in TOP-50 for more than a year. 40% of coins are distributed for mining. The team launched the mainnet in January 2019 and planned to change ERC-20 tokens to their blockchain.

ニュース
シンガポールを拠点とする決済会社Xfersは5日、シンガポールドルにペッグされたステーブルコインであるXSGDを発表した。
シンガポールドル裏付けのステーブルコイン、米ドルに対抗し市場に参入へ
Andrey Shevchenko
2020-10-06T16:05:00+09:00
1489
ニュース
シンガポール国立大学の研究者らが設立したブロックチェーン関連企業「Zilliqa(ジリカ)」は、英オックスフォード大と連携してブロックチェーンワークショップを開催する。同業界でのさらなる女性の活躍など、多様性を促すことが目的だという。10月31日にコインテレグラフに共有したプレスリリースで述べた。
仮想通貨企業ジリカと英オックスフォード大が連携、女性の活躍などブロックチェーン業界の多様性支援【ニュース】
Helen Partz
2019-11-01T12:19:47+09:00
1487

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー