Soft Fork News

A soft fork is some modification made in a cryptocurrency’s source code that doesn’t lead to the division of blockchain, as happens with a hard fork. After a soft fork, only the previous transactions and blocks become invalid. Nevertheless, if users don’t want they don’t need to upgrade all the system because old nodes will continue working. There are two kinds of soft forks, such as a miner-activated soft fork (MASF), which means that the new rules are accepted when the majority of miners’ upgrade, and a user-activated soft fork (UASF), when the appliance of new rules happens without the miners’ support. The recently-made protocol upgrade in Bitcoin is a great example of a soft fork. Also, one of the most popular examples is the Ethereum soft fork that was made to reset all transactions that had been made by a hacker in order to get the money back.
ニュース
セグウィットが15~17年のブロックサイズ戦争中に始めて登場してから、ずいぶん時間がたった。しかし、ビットコインアップグレードとして比較的成功しているにもかかわらず、バイナンスやジェミニなどの仮想通貨取引所は、ビットコイン(BTC)の送金にセグウィットアドレスを使うことに対し、いまだに十分な手が回っていない。
ビットコインのセグウィット採用、大手取引所の間で落差:グラスノード
Joseph Hall
2022-02-06T06:00:00+09:00
1275
市場分析
ビットコイン価格は足元で調整に直面しているが、いくつかの指標はプロトレーダーは中立的に状況を見ていることを示唆している。
ビットコイン価格は足元で軟調な値動き、先物指標から占う今後の展開
Marcel Pechman
2021-11-16T14:40:29+09:00
2686
速報
ビットコインのブロックチェーンネットワークが日本時間で14日午後2時頃、重要な機能アップグレードである「タップルート」を完了した
【Taproot開発者に独自取材】ビットコインがソフトフォークに成功 決済性能 代替可能性 耐検閲性 強化 へ前進
Arijit Sarkar
2021-11-14T19:17:15+09:00
4042
ニュース
今後7日間で、ビットコインのプロトコルは、ネットワークのプライバシー、効率、スマートコントラクト機能を向上させることを目的としたソフトフォーク「タップルート 」が行われる。
ビットコインのソフトフォークは数日後、タップルートのアップグレード迫る
Arijit Sarkar
2021-11-08T08:16:00+09:00
4447
フォローアップ
ビットコインの「タップルート」アップグレードが、今年11月にもアクティブ化される予定だ。タップルートによって、BTCにいったいどのような変化が訪れるのか?
ビットコインのアップデート「タップルート」、プライバシー改善とスマートコントラクト導入を可能に
Osato Avan-Nomayo
2021-07-04T07:00:00+09:00
4832
ニュース
ビットコイン(BTC)の大型アップデートである「タップルート(Taproot)」が12日、重要なマイルストーンを達成した。
ビットコインの大型アップデートのタップルート、11月に実施へ マイナー支持完了
Osato Avan-Nomayo
2021-06-14T08:05:00+09:00
5243
ニュース
2021年内に予定されているビットコインのアップグレードであるタップルート(Taproot)に対して、主要なビットコインマイニングプールがすでにサポートを表明しているようだ。
半数のビットコインハッシュレートがタップルート実装に向けて支持を表明
Osato Avan-Nomayo
2021-05-05T10:03:39+09:00
12312
ニュース
ステーブルコインを手がけるリザーブ(Reserve)の共同創業者兼CEOのネヴィン・フリーマン氏は、中央銀行はいずれ通貨をトークン化するだろうが、ステーブルコインには依然プライバシーを提供するという利点があるだろうとの見解を示した。
リザーブCEO、「中央銀行が通貨トークン化してもステーブルコインの用途ある」
Max Boddy
2019-05-16T18:17:00+09:00
1192
ニュース
ビットコイン開発者ピーター・ウィル氏は、タップルート実装におるソフトフォークの提案を行った。ビットコインのプライバシーの強化に向けて新たな一歩となるか注目だ。
仮想通貨ビットコイン開発者、タップルート実装によるソフトフォーク提案|プライバシー強化に向けた一歩となるか
Max Boddy
2019-05-07T11:41:00+09:00
978
ニュース
仮想通貨ライトコイン(LTC)の創設者、チャーリー・リー氏は、28日、ライトコインの代替可能性(Fungibility)向上に専念するつもりだとツイートで述べた。
ライトコインの匿名性向上に注力 ライトコイン創設者チャーリー・リー氏「19年中に実装予定」
Adrian Zmudzinski
2019-01-30T11:40:00+09:00
2507

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー