「米当局が仮想通貨リブラを承認しなければ、フェイスブックは離脱する」ザッカーバーグCEO、議会証言で発言【ニュース】

フェイスブックのザッカーバーグCEOは、もし仮想通貨リブラに対する米当局からの承認が得られないのであればフェイスブックは発行元であるリブラ協会を抜けると発言した。

23日に米下院の金融サービス委員会で開催された議会証言の中でザッカーバーグCEOは、米議員によるフェイスブックやリブラに対する懸念に答えた。プライバシー侵害やフェイクニュース問題で信用が失墜しているフェイスブックに対して厳しい批判が噴出する中、ビル・ハイゼンガ議員は「もし米国のすべての規制機関から承認を得られなかったらフェイスブックはどうするのか?」と質問。ザッカーバーグCEOは次のように答えた。

その時は、我々はリブラ協会を抜けなければならないだろう。

ただ、リブラ協会は独立した組織となっておりフェイスブック抜きでも生き続けると解説した。これを疑問視する議員もいた。

また、リブラ協会の拠点をスイスから米国に移すように主張する議員もいた。

リブラ協会からはすでにVISAやマスターカード、ペイパルなど7社が離脱。「なぜ離脱したと思うか」という質問に対してザッカーバーグ氏は「リスクが高くて(規制機関による)厳しい審査があるから」と答えた。

【関連記事:日本人には伝わりにくい真実?仮想通貨リブラ失敗の理由「フェイスブックだから」

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版