「自信持ちすぎ」ビットコイン大幅回復に警戒の声【仮想通貨相場】

27日の夜から28日にかけてビットコインは急回復したものの、市場関係者は「自信を持ちすぎ」という警戒の声が聞かれている。

(出典:Coin360 日本時間11月28日午前11時時点)

現在、ビットコインの先行きに対する見方がアナリストの間で分かれている。

ビットコインが7500ドル回復したことを受けて、ファンドストラット代表のトム・リー氏はツイートを更新。「今後3週間でビットコインは今年最高値をつける」といったツイートが出始めたことについて「コンセンサス的にあまりに自信を持ちすぎて強気になりつつつある証拠」とし警戒した。

著名テクニカルアナリストのアレッシオ ・ラスターニ氏は、昨日、ビットコインが今年最高値から50%ほど下落していることを受けて「過半数の人々が極端に自信を持っている場合、彼らは間違った相場解釈をしていることを改めて学んだ」とコメントした。

一方、ストック・フロー分析で定評のあるPlanBは、「年内に1万ドル回復をしても私は驚かない」と主張。半減期があと6ヶ月に迫る中、ビットコイン価格がストック・フロー分析のモデルバリューを下回っている「レアな機会だ」と述べた。

【関連記事:「ビットコインに年内1万ドル回復する”レアな機会”」悲観論相次ぐ中、データアナリストが主張

【関連記事:「最悪の恐れが現実に」著名アナリスト、仮想通貨ビットコインの今年ピークから50%下落で発言