ビットコインの次の上昇要因、機関投資家参入より”半減期”が重要 米仮想通貨投資家が強調

仮想通貨投資会社BKCMの創業者ブライアン・ケリー氏は、米経済番組CNBCに出演し、現在8000ドル付近で推移するビットコインの次の上昇要因は2020年の半減期になるだろうと述べた。

ビットコイン強気派として知られるケリー氏は、半減期についてビットコインの供給量が半分にカットされることだと解説。歴史的に半減期の1年前から1年後までビットコインが上昇すると指摘した。ケリー氏は、上昇材料としてはフィデリティを中心とした機関投資家への普及、TDアメリトレードを中心とした個人投資家への普及があるとしつつも、現時点の大きな要因として半減期の重要性を強調した。

ビットコインの取引を承認するマイナーに対する報酬は、21万ブロックごとに半減される。1ブロックあたり報酬50BTCで開始し、これまで2回半減が行われた。現在の報酬は12.5BTCで、報酬が6.25BTCになる次の半減期は、2020年の5月22日と推定されている

ケリー氏は、ビットコインの供給量が減少する一方、仮想通貨の普及が広がって需要が高まることからビットコインが上昇するとみている。

2020年の半減期までちょうど1年。過去の傾向から、仮想通貨相場の潮目が変わるとみる専門家は多い。

米調査会社ファンドストラットの代表トム・リー氏は、「歴史的に半減期は供給量が抑えられるためビットコイン価格上昇のきっかけになる」とケリー氏と同じ点を強調した

【関連記事:仮想通貨相場の潮目変わる?まもなくビットコイン半減期の1年前に

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版