東大でも仮想通貨XRPレジャーのバリデータ運用開始|京大に続き2例目【ニュース】

東京大学で仮想通貨XRPレジャーのバリデータの運用が開始されたことがわかった。リップル社の吉川絵美氏のツイートで明らかになった。11月にも京都大学がバリデータを立ち上げており、国内の大学2例目となる。

<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">京都大学に引き続き、東京大学でもXRP Ledgerのバリデータの運用が開始されました!<br><br>「バリデータ」って何?という方、こちらのFAQをご参照下さい👉<a href="https://t.co/KTAtecD5GT">https://t.co/KTAtecD5GT</a> <a href="https://t.co/sQar0TxdL7">pic.twitter.com/sQar0TxdL7</a></p>&mdash; Emi Yoshikawa 🌎 (@emy_wng) <a href="https://twitter.com/emy_wng/status/1201632767596851200?ref_src=twsrc%5Etfw">December 2, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

XRPレジャーは異なる台帳間の取引を可能にする国際標準規格インターレジャープロトコル(ILP)を基盤にしたリップル社開発の分散型台帳。取引承認をするバリデータとして複数の企業や機関が参加している。

リップル社は7月30日、東京大学と京都大学とブロックチェーン研究で提携したと発表した。

【関連記事:リップル 大、京大と提携仮想通貨・ブロックチェーンで高い関心

【関連記事:京大、仮想通貨XRP(リップル)台帳のバリデータを立ち上げ 国内大学第1号に