コインチェック・ストーリー:史上最大の盗難からどう立ち直るか

 2014年、仮想通貨取引所マウントゴックスでハッキング事件が起きた。この時期にビットコインを保有していた人は、仮想通貨の歴史上最も激動した時代の一つを経験し、エコシステムの最も暗黒な日々を目撃した。しかし、そのマウントゴックスを上回る出来事が同じく日本で発生した。取引所のコインチェックが、単一の取引所に対する最大のハッキング事件を招いたのだ。

 この事件でハッカーが盗み取った金額は多額だが、仮想通貨市場全体への影響は、マウントゴックスの時よりもはるかに低かった。過去のハッキングから教訓が得られていたのだろうか。それとも、市場は過去の大きな悲劇的事件を経て安全性と安定性が高まっていたのだろうか。

 日経新聞によると、コインチェックは5日、マネックス証券を運営するマネックスグループからの出資提案を受け入れる方針を固めた。出資額は数十億円になるとみられている。今回は事件からこの流れを振り返りたい。1月26日に約580億円相当のネム(NEM)がハッキングされ、日本と世界の他の地域で、事態が適切な状況へと収束するに至った経緯を確認しよう。

史上最大の盗難

 マウントゴックスのハッキングの余波は、不正な対応や事実の隠蔽によってもたらされたが、コインチェックのハッキングの処理は、はるかに良好に実施された。取引所の責任者は内情を投資家に伝え、盗まれた資金の弁済を約束していた。

 全ては1月26日に始まった。コインチェックが取引所NEMの入金を一切停止した。

 疑いと緊張が高まるなか、NEM財団のロン・ウォン代表は、コインチェックがハッキングを受けた事実を確認し、この窃盗を「世界の歴史における最大の盗難」と呼んだ。先に挙げた数字はマウントゴックスの被害額を5000万ドルだけ上回った。マウントゴックスのときはハッキング推定額は85万BTCで、当時の価値で4億7300万ドルだった。

詳細が判明

 1月26日午前3時に発生したと言われているハッキングを同取引所が事実と認めると、メディアは騒ぎ立てるように注目し、この大規模なハッキングに巻き込まれたコインチェックの利用者は、混乱と懸念に満たされた。

 次いで、ハッキングによって約5億2600万XEM(ネムの通貨単位)が消失した事実が明らかになった。ホットウォレットからの数回の不正取引によって盗まれていた。

 事件は公式チャンネルを通じて急速に広まった。記者会見では、ハッキングがどのように発生したかの詳細が明らかにされた。マウントゴックスの時とは異なり、何が起こったかについての混乱は、それほど多く見られなかった。コインチェックは記者会見で、何が起き、その後どのような事態が予想されるかを説明した。ハッキング後、コインチェックが最初の公式声明で発表した主な情報は以下のとおりだ。

  • ハッキングを受けた通貨はネムのみ

  • ハッカーはネム通貨が保管されていたホットウォレットの秘密鍵を盗み出した

  • 盗まれた通貨は同取引所の顧客に帰属するもの