南アフリカ中央銀行、トークン化した法定通貨による銀行間決済システムを試験

 南アフリカ中央銀行(SARB)は、クォーラムを利用して法定通貨をトークン化する銀行間決済システムの、概念実証試験に成功した。SARBが6月5日、プレスリリースで発表した。クォーラムは、イーサリアムをベースとするプライベート型ブロックチェーンである。

 「プロジェクト・コーハ」と名付けられたこの試験に関するSARBの報告書によれば、同銀行の目的は全て達成されたという。同プロジェクトの基本的な目的は、「分散型台帳技術(DLT)に基づいてトークン化された南アフリカランドを使う、銀行間決済のためのホールセール決済システムの概念実証を確立する」ことだった。

 プロジェクトはさらに、プラットフォームの拡張性、回復力、機密性、及びファイナリティー(決済の確定)などの「相互に関連する」問題の調査も、目標にしていた。

 南アフリカの7つの銀行がこの試験に参加し、ブロックチェーン インキュベーターのコンセンシス社が技術パートナー、国際的な会計監査法人プライスウォーターハウス・クーパース(PWC)が支援パートナーを務めた。

 SARBは、南アフリカで現在運用されているリアルタイム グロス決済システム(SAMOS)を中央管理している。同システムは24時間/365日稼働しており、あらゆる銀行間債務を中央銀行資金でリアルタイムに決済する。

 プロジェクト・コーハで試験されたシステムは、プロセスの中間段階が省かれており、各銀行がネットワーク上でそれぞれのノードを構成する責任を負う。また、印刷された&#