リップル、送金サービス大手のIntermexと提携 | 仮想通貨XRPを使ったODLを活用へ【ニュース】

ブロックチェーン企業リップルは、ラテンアメリカを中心に送金サービスを手掛けるインターナショナル・マネー・エクスプレス(International Money Express、Intermex)と提携した。リップルIntermexとが4日に発表した。

Intermexはラテンアメリカとカリブ海地域を中心に送金サービスを手掛けている。リップルの発表によれば、Intermexは米国からメキシコへの送金サービスの主要プロバイダーの1つだ。

今回の提携により、リップルネットを通じて、リップルのODL(On demand liquidity)を利用できるようになる。

ODLは「xRapid」と呼ばれていたもので、仮想通貨XRPを使ったクロスボーダー決済サービスだ。

Intermexのボブ・リジーCEOは、「リップルチームとのパートーアシップを開始できたことを歓迎したい。リップルネットとODLという新しいソリューションを実装し、成長を促進し、効率を高めることを楽しみにしている」と述べている。

【関連記事:リップル出資のマネーグラム、エジプトへの送金サービスが可能に

【関連記事:リップル提携先のマネーグラム、インド進出

【関連記事:リップル、マネーグラムへの出資を完了 | 仮想通貨XRP使うODLの使用拡大目指す

【関連記事:歴史は繰り返す?XRP(リップル)180%上昇のための条件とは

【関連記事:「ゼロよりは価値がある」ビットメックス、仮想通貨XRP(リップル)の永久スワップ開始

【関連記事:リップル投資部門が開発者向けコミュニティページとフォーラムを開設