リップル出資のマネーグラム、エジプトへの送金サービスが可能に【ニュース】

リップルと提携関係にある米送金事業大手マネーグラムがエジプトに進出する。

23日に公表されたプレスリリースによると、スエズ運河銀行と戦略的パートナーシップを締結し、世界中のマネーグラムの顧客がエジプトの銀行口座に直接入金できるようになる。

スエズ運河銀行は個人、機関投資家向けの銀行業務を行っている。

スエズ運河銀行によると、エジプトは世界の送金額が第5位の市場。2018年の被仕向送金額は国内全体で290億ドルに達している。2018年のエジプトのGDPのうち11.6%を占め、輸出についで国内第2位の市場を形成している。

マネーグラムは、XRPを使った決済サービス「ODL(On demand liquidity、旧xRappid)の使用で注目されている。昨年11月、これまでメキシコへの送金の10%をODLを介して送金したことを明かした。

【関連記事:リップル提携先のマネーグラム、インド進出

【関連記事:リップル、マネーグラムへの出資を完了仮想通貨XRP使うODLの使用拡大目指す