世界のブロックチェーン市場、2024年までに1兆7300億円突破へ

世界のブロックチェーン関連市場は2024年までに160億ドル(1兆7300億円)を突破する。グローバル・マーケット・インサイツが調査結果を発表した

ブロックチェーン技術の普及は主に金融機関によってもたらされる。貿易金融、KYC(本人確認)、担保マネジメント、クロスボーダー決済、ID管理などの分野が今後数年で急成長する。

また、ブロックチェーン技術のアプリケーション層は、2018年~2024年の間の年間成長率は85%になる。とりわけデジタルIDのアプリケーションは最も有望で、2024年までに90%以上の成長率を記録すると見込まれている。グローバル社は、サイバー攻撃の増加や国際的な安全なIDへの需要の高まりが背景にあると分析している。

グローバル社は先日、ヘルスケア業界向けのブロックチェーン市場が2025年までに16億ドル超になるという予測を発表していた。 

米テック市場コンサル企業のABIリサーチの調査によると、世界のブロックチェーン技術関連の収益は、2023年までに100億ドル(約1兆600億円)に到達する見込みだ

【関連記事:ブロックチェーン技術関連の収益、2023年までに世界で1兆円超に=米ABI調査

【関連記事:ヘルスケア業界向けブロックチェーン市場、2025年までに16億ドル超に

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版