PwCスイスのブロックチェーン責任者へインタビュー:ブロックチェーン導入でスイスの銀行業界はいかに変革するか?

 コインテレグラフはこの度、PwCスイスのブロックチェーン・デジタルサービス責任者のピエール・エドゥアール・ウォール氏からスイスにおけるブロックチェーンの今後の可能性について話を伺う機会に恵まれた。

 ウォール氏はPwCスイスがスイスの主要証券取引所「SIX」と緊密に連携しながら、次世代の分散型台帳に基づくデジタル・アセット取引所の発表を行った点に言及したうえで、「仮想通貨を使う目的は、デジタル上のフットプリントに対する管理権を人々の手に返せるほどに、仮想通貨を一般化するためでなければならない」という自らの信条について詳しく説明した。

 

モリ―:ジェーン(コインテレグラフ): ブロックチェーンと仮想通貨の分野に対して、どのように興味を抱いたのかを教えてください

ピエール・エドゥアール・ウォール氏 : 私は正式な教育を受けたエンジニアだ。これまでの数年間、ブロックチェーン分野と関わってきて、イデオロギーによって強く突き動かされているビットコインのコミュニティと出遭った。そのコミュニティが私をブロックチェーン技術へと誘ったのであって、その逆ではない。

そこで、私はB2Bのビットコイン取引所の設立を決意したんだ。だけど当時、それは非常に難しいことだったため、いくつかのトラブルを起こしてしまった。取引所の業務に関する明確な規制もなかったし、私は提携先の大銀行を探し回ったが。残念ながら当時は、ビットコインと口にするたびに門前払いされたので、良い結果は出なかった。

しかし、クレディ・スイスが私に、彼らのブロックチェーン部門を活性化させる気があるかどうかを尋ねてきたんだ。私は喜んでその話に乗った。私はクレディ・スイスで3年間を過ごした後に、そこを離れた。スタートアップの世界に戻るつもりでいたんだ。だけど実際には、スタートアップの世界にいるよりもPwCの方がずっと大きな変化を遂げる機会があると考えた。なぜなら、PwCの影響を及ぼせる範囲はかなりすごいものだったからだ。非常に高いレベルの大企業や、そこの重役レベルにね。なので、それは胸躍る役割だった。

MJ: 初めて仮想通貨の話を聞いたのはいつのことですか?

PW: ビットコインについて最初に聞いたのは2010年の頃だった。初めてビットコインに実際に手を出したのは11年で、その分野にフルタイムで足を踏み入れたのは12年の時だ。

巨大な可能性を秘めた業界のように感じるし、より多くの時間をそこで費やせればよいと思っている。だがもちろん、この業界の存在と比べると、私の関わりは短期的なものだ。

MJ: あなたは実際にこの業界に投資しているのか?ビットコインは保有しているか?

PW:  私は徹底的に投資している。雇用主に対して仮想通貨で給与を払うように頼んでいるが、その話はまだ実現していないね。

    ただ行動を言葉にするだけでなく、言葉を行動で示そうとしている。

MJ: 仮想通貨市場にしばらく投資しているとの話なので、ビットコインで何か、例えばピザなどを購入した経験はあるか?

PW: ビットコインを使える場所ならどこでも使おうとしている。私はそれをコストを分散させる方法だと見なしている。だから、私はビットコインを使ってきた。

サンフランシスコでの会議(サンフランシスコ・ビットコイン開発会議)では、自分たちで「ビットコイン・ボム」と名付けたことをよく企画したものだ。まず参加者全員でバーへ行き、仮想通貨、つまりビットコインで支払えるかを尋ねる。もしできなかった場合、皆で次のバーに行ってもよい。そしてビットコインで支払える最初のバーが見つかるまでこれを続ける、というものだった。

MJ: それで、ビットコインで支払えるバーを見つけるのにどれくらい時間がかかったのか

PW: サンフランシスコはかなりオープンな気風なので、ほとんどの場合はすぐさま見つかった。また、私たちは団体だったので、店側にとっても良い動機付けとなった。さらに当時はすでにビットペイがあったので、店側がドルで受け取ることを望めば、容易にビットコインではなくドルを得られた。

MJ: 今後10年以内にビットコインが100万ドルになり、自分のビットコインをカクテルに支払ったその人のようになってしまうことに不安はないか?

PW: ビットコインは使われて初めて100万ドルになる。そのため、価格が100万ドルまで上がれば素晴らしいが、私はそれを優先してはいない。私が優先するのは実のところ、人々が自らのデジタル上の足跡に対してもっと大きな権利を有している世界、言論の自由や行動の自由という観点でより大きな権利を有している世界を後押ししようとすることだ

また、公開ブロックチェーンにはさまざまな関係者に動機を与えるためのトークンが必要であり、もしそれらのトークンのひとつが100万ドルになった場合、その投資家やそれらのトークンにとって素晴らしいことだ。だが、100万ドルは最終目標ではない。100万ドルは目的を達成する手段に過ぎない

You can watch the interview here: