BTC/USD

ビットコイン(BTC)は5月7日に急騰し、9,456.77ドルのレジスタンスを突破した。この勢いは、10,000ドル超えにつながった。弱気派は10,000ドルを死守しようとしたが、9,456.77ドル以下まで引き下げることはできなかった。

出典: Tradingview

これは強気派が現在のレベルでも利益確定を急ごうとしていないことを示唆し、ポジティブなサインだ。2つの移動平均線は上昇しており、相対力指数(RSI)は80を上回っている。これは、強気派が主導権を握っていることを示唆しているが、短期的には買われ過ぎであるようにも見える。

しかし、強気の動きが続く間、市場は長期にわたって買われ過ぎであり続ける可能性がある。したがって、勢いが持続する場合、強気派はBTCを対称トライアングルの上に押し上げようとするだろう。これに成功すれば、非常にポジティブだ。より強力な強気トレンド開始のサインになるだろう。

もしくは、BTCが買われ過ぎているため、数日間の保ち合い相場またはマイナーな調整が発生する可能性を除外することはできないだろう。強気派が反落中に9,456.77ドル以上を維持できた場合、10,500ドルまで回復する可能性があり、その後、対称トライアングルまで上昇するだろう。

弱気派は10,500ドルと下降トレンドラインの間の領域を積極的に防衛する可能性がある。したがって、BTCがこの領域から下落し始めた場合、トレーダーはストップロスを引き締めることができる。9,000ドルを下回れば、弱さの最初のサインだ。したがって、トレーダーは残りのロングポジションのストップロスを9,000ドルまで引き上げることができる。

ETH/USD

イーサ(ETH)は5月7日に20日間移動平均線(197ドル)から反発し、下降トレンドラインを上抜けた。サポートレベルで積極的な買いが入っており、これはポジティブなサインだ。強気派が下降トレンドラインを超えた状態を維持できた場合、上昇チャネルのレジスタンスラインまでの上昇も期待できる。

出典: Tradingview

移動平均線は上昇しており、RSIは60を超えている。これは強気派が優勢であることを示唆している。ETHが上昇チャネルを突破する勢いを得ることができる可能性がある。

ETHが上昇チャネルの上半分以内にあり、20日間EMAが上昇している限り、上昇チャネルを突破できる可能性は高いままだ。

20日間EMAを下抜けてしまえば、強気派が主導権を失っている最初のサインだ。ETHが上昇チャネルのサポートサインまで急落した場合、トレンドは弱気に転換してしまう。トレーダーはロングポジションのストップロスを185ドルまで引き上げることができる。

XRP/USD

XRPは過去4日間、0.20570~0.22281ドルの間で取引されている。これは、買い手と売り手との間でバランスが拮抗していることを示唆している。ただし、この狭いレンジでの値動きが長く続くことはないだろう。

出典: Tradingview

0.22281ドルを突破できれば、最初の強気サインだ。0.22281ドルを超えることができれば、直上のレジスタンスゾーンである0.23612~0.24770ドルへの反発が見込まれる。

逆に、弱気派がXRPを0.20570ドル以下に下落してしまうと、次は0.17372ドルまで下落する恐れがある。したがって、トレーダーは0.20ドルでロングポジションのストップロスを維持しておこう。

BCH/USD

ビットコインキャッシュ(BCH)は226.90ドルまで下落した。これにより、以前の分析で示したロングポジションのストップロスが発生した。しかし、弱気派はこの下落を利用して、BCHを引き下げることができなかった。

出典: Tradingview

BCHは安値から反発し、250ドルを超えて(UTC時間で)終値を付けた。これは、安値では強い需要があることを示している。強気派が下降トレンドラインを超えて価格を維持できれば、280.47ドルへの上昇が可能だろう。

逆に、BCHが現在のレベルから下落し、226.90ドルを下回った場合、200ドルまで下落する恐れがある。

LTC/USD

ライトコイン(LTC)は5月7日に43.67ドルから反発し、20日間EMAを上回った。これはLTCへの需要があることを示し、ポジティブなサインだ。強気派は現在、下降トレンドラインを突破して、価格を押し上げようとしている。

出典: Tradingview

これに成功すれば、50ドル~52.2803ドルのレジスタンスゾーンまで上昇する可能性があるだろう。このゾーンを突破できれば、勢いが強まるだろう。

逆に、LTCが下降トレンドラインから反落し、50日間単純移動平均線(42.5ドル)を下抜けた場合、36ドルまで下落す恐れがある。トレーダーはロングポジションのストップロスを42ドルで維持しておこう。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています

 

【PR】コインテレグラフのレギュラーコメンテーター「トシムリン」が運営する「仮想通貨研究所LINE」の登録はこちらから!抽選で100名様に500円分のイーサリアム(ETH)をプレゼントキャンペーンも実施中!なぜETHなのか?その答えと「無https://line.me/R/ti/p/%40188zyycl料」でトレードにおける情報や「ツボ」と「コツ」を手に入れよう。