BTC/USD

ビットコイン(BTC)は過去3日間で急上昇し、9,941.68ドルまで達した。しかし、弱気派は激しく抵抗しており、10,000ドルが強固なレジスタンスとなっている。

 出典: Tradingview

それでも、強気派は下落時に買いを入れており、これはポジティブなサインだ。移動平均線は上昇しており、相対力指数(RSI)は60を上回っている。これは買い手側が優勢であることを示唆している。

BTCが数日間、9,200~10,000ドルの間で保ち合いとなった場合、10,000ドル突破の可能性が高まるだろう。そして対称トライアングルのレジスタンスラインが位置する10,600ドルまで上昇する可能性がある。

この強気の見方はBTCが9,200ドルを下回ると無効となる。9,200ドルを下抜けてしまえば、BTCは20日間移動平均線(8,851ドル)まで下落し、さらに上昇トレンドラインまで下がる恐れがある。サポートの下抜けは、強気派が主導権を失っているサインとなるだろう。8,130.58ドルを下抜けてしまえば、トレンドは弱気に転じてしまうだろう。

ETH/USD

イーサ(ETH)は5月13日に20日間EMA(197ドル)を上回り、5月14日は下降トレンドラインにまで達した。強気派は下降トレンドライン突破を目指しているが、弱気派もトレンドラインを死守しようとしている。

出典: Tradingview

ETHが下降トレンドラインを上抜けることができれば、227.097ドルまで上昇する可能性が出てくる。これはトレーダーに買いの機会を提供するものになるだろう。

ただし、ETHが20日間EMAおよび上昇チャネルのサポートラインを下抜けてしまった場合、176.103ドルまで下落してしまうだろう。この重要なサポートの下抜けは、下降トレンドの始まりとなる恐れがある。

XRP/USD

XRPは重要なサポートである0.17372ドルから反発したが、20日間EMA(0.20ドル)で壁にぶつかった。これは、より高いレベルでは買いが減少することを示唆している。価格が現在のレベルから反落し、50日間SMAを下抜けた場合、0.17372ドルまで下落する恐れがある。

出典: Tradingview

逆に、強気派がXRPを20日EMA以上に押し上げた場合、下降トレンドラインへの上昇も可能だろう。ここはレジスタンスとなるだろうが、突破できれば、0.23612ドルまで上昇できるだろう。

2つの移動平均線はフラットであり、RSIは50に近いレベルにある。これは強気派と弱気派のバランスが拮抗していることを示している。トレーダーは強気派が主導権を握るまで待つべきだろう。

BCH/USD

ビットコインキャッシュ(BCH)は20日間EMA(243ドル)でレジスタンスに直面している。BCHがこのレベルから反落した場合、弱気派は200ドルまで戻そうとするだろう。

出典: Tradingview

逆に、20日間EMAを上回った場合、BCHは280.47ドルまで上昇する可能性が出てくる。

移動平均線はフラットであり、RSIは中間近くにあり、需要と供給がバランスを取れていることを示している。次のトレンドの動きは、280.47ドルの突破もしくは200ドル以下への下落で開始する可能性がある。それまで、BCHはレンジ内での値動きとなるだろう。

LTC/USD

ライトっコイン(LTC)は39ドルの重要なサポートから反発し、20日間EMA(44.42ドル)でレジスタンスに直面した。これは、より高いレベルでは買いが不足していることを示唆するものだ。2つの移動平均線はフラットであり、RSIは中間付近にある。そのため、数日間は保ち合いの展開となる可能性がある。

出典: Tradingview

LTCが反落した場合、39ドルの再び試す展開となるだろう。LTCが39ドル付近から反発した場合、買いの機会となる可能性がある。

上昇局面では、強気派が20日EMA以上に価格を押し上げることができれば、下降トレンドラインまで上昇し、50.7864~52.280ドルまで上昇することができるだろう。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています

 

【PR】コインテレグラフのレギュラーコメンテーター「トシムリン」が運営する「仮想通貨研究所LINE」の登録はこちらから!トレードにおける情報や「ツボ」と「コツ」を手に入れよう。