ナスダック、仮想通貨ビットコイン先物商品を未だ検討中【ニュース】

米証券取引所ナスダックがビットコイン先物の立ち上げを検討している。ナスダックのアデナ・フリードマンCEOがブルームバーグとのインタビューの中で明かした

ビットコイン先物の立ち上げは匿名のパートナーと一緒に検討をしているという。

2018年12月にナスダックが、19年前半にビットコイン先物をローンチする計画を発表したと報じられていた

今回フリードマンCEOは、他社の先物商品との差別化と適切なリスクマネジメントが立ち上げ前の課題と述べた。

仮想通貨の未来についてフリードマンCEOは「デジタル通貨と仮想通貨は世界経済の中で役割を果たすことになる」とし、「問題は商品交換のために実際に使われるようになる状態まで成長するかだ」と話した。

【関連記事:仮想通貨ビットコイン先物ローンチ計画、ナスダックが正式発表

【関連記事:「仮想通貨反転のシグナル」ビットコイン先物市場、勢い加速

【関連記事:「2020年にビットコインETFが開始する可能性は60%」CNBCで著名アナリストが回答

【関連記事:米CME、仮想通貨ビットコインのオプション取引を予定通り開始

【関連記事:「年末にかけてビットコインだけ上がってない」金マニアのピーター・シフが皮肉

【関連記事:元モルガン・スタンレーの開発者ら、仮想通貨デリバティブ取引プラットフォームを公開