「仮想通貨反転のシグナル」ビットコイン先物市場、勢い加速【ニュース】

ビットコイン先物市場の勢いが加速している。シカゴ先物取引所(CME)の先物商品への建玉は16日時点で5328件、2万6640BTC(約260億円)に到達。2017年12月以来で過去最高水準で推移している。足元で機関投資家の参入が増えているようだ。

建玉は、未決済の約定を示す。

今月13日、CMEはビットコインのオプション取引を開始しており、業界からも期待の声が出ていた。

また、14日にビットコイン先物契約数は世界で約250億ドル(約2兆7500億円)に到達し、昨年10月26日以来で最高を記録した。

Bitcoin futures 1-month overall volume

(出典:Skew Markets/ Twitter ビットコイン先物の1日あたりの平均取引高)

コインテレグラフへの寄稿者であるマイケル・ヴァン・デ・ポップ氏は、「相場が反転しおそらく底をつけたことを示す強いシグナルだ」と述べた。

【関連記事:JPモルガンのアナリスト、CMEのビットコインオプションに「大きな期待かかっている」|建玉が増加

【関連記事:シカゴ・マーカンタイル取引所のビットコイン(BTC)先物の建玉が過去最高に|機関投資家の関心高まる

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン