日本で人気の仮想通貨モナコイン、午前中に一時20%以上急騰

9月14日の仮想通貨市場は、モナコイン(MONA)が急騰している。モナコインは7月に日本国内の取引所における現物取引高(金額ベース)で時価総額2位のイーサリアムを超えて3位に浮上しており、日本人に人気の銘柄だ。一方ビットコインは24時間前と比べて若干の下落。1万300ドル付近を推移している。

(出典:Coin360「モナコイン/米ドル」)

上昇の直接的な要因は明らかになっていない。

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)によると、日本の現物取引高(7月)は金額ベースで、1位はビットコイン、日本人で人気といわれるXRPが2位。そしてモナコインがイーサリアムを押さえて3位となった

【関連記事:日本人のビットコイン現物保有額(円建て)、仮想通貨XRP(リップル)を4月から上回る=JVCEA

モナコインは、2013年12月に2チャンネルで公開された仮想通貨。同チャンネルでよく使われるキャラクター「モナー」が由来だ。