財務省・金融庁・日銀、仮想通貨リブラに関する連絡会を設置=報道

財務省は12日、金融庁や日銀とフェイスブックの仮想通貨リブラに関する連絡会を設置した。時事通信が報じた。リブラにおけるマネーロンダリング(資金洗浄)対策や金融システムへの影響など必要に応じて話し合うという。

価値の安定を図るリブラは、一般的なステーブルコインのように1つの法定通貨と連動させるのではなく、複数の通貨バスケットと連動させる仕組みを採用する。このため、仮想通貨に該当するのかをめぐり金融庁でも議論になっている。

【関連記事:「仮想通貨に該当するか判然とせず」金融庁、フェイスブックのリブラに言及

1つの法定通貨と連動するステーブルコインは、仮想通貨に該当しない。

また、フェイスブックが過去に個人情報を大量に流出させたことがあるだけに利用者のプライバイシーの問題が指摘されているほか、マネロン対策面でも懸念の声が上がっている。

FRB(連邦準備理事会)のパウエル議長は、リブラについて「マネーロンダリングやプライバシーなどで深刻な懸念がある」と述べた

【関連記事:米FRB議長、フェイスブックの仮想通貨リブラに「深刻な懸念」 厳格に対処する姿勢示す

またトランプ大統領もリブラについて批判し、「銀行になりたいのであれば、新たな銀行免許を取得し、他の銀行と同じように銀行規制を受けなければならない」と発言した

【関連記事:トランプ大統領、仮想通貨に反対を表明 ビットコインやリブラを一蹴