80年代の人気ゲームをブロックチェーンで復活へ マイクロソフトなどが仕掛ける【ニュース】

マイクロソフトとゲーム開発会社アイドス、RPGのフェイブルのチームが、ブロックチェーン技術を使って1980年代のヒット作「The Way of the Tiger」を復活させる

新たなゲームのタイトルは「Arean of Death」。プレイヤーは、オリジナル作品と同じキャラクターやスキル、魔法を使い、ファンタジーの世界でカードバトルをする。旧作・新作の作者であり新作ではCEOを務めるジェイミー・トムソン氏は、ブロックチェーン技術導入について「機は熟した」と発言。次のように続けた。

「マジック・ザ・ギャザリングをプレーするのを想像して欲しいが、カードを所有するとき、カードは本当にあなたに所属することになる。もしくは、我々がアイテムやスキルが100個限定と言えば、実際に100個限定だ」

新作では、ノンファンジブルトークンの性質を生かす。ノンファンジブルトークンとは、1つ1つに固有の性質があり、代替が不可能なことが特徴となっている。「Arean of Death」は、ビーチェーン(VeChain)を基盤にする。

ゲーム内の資産をトークン化することは、新たなトレンドになっている。

イーサリアム系のゲームではカードゲームの「ゴッズ・アンチェーンド」の人気が急上昇している。また、ザ・サンドボックスは、仮想現実スペースにある土地のプレセールを4日に行う

【関連記事:仮想通貨イーサリアム基盤のカードゲーム人気が急上昇、ライバルの香港デモ対応失敗が追い風か

【関連記事:ブロックチェーンゲーム「ザ・サンドボックス」、仮想現実スペース「ランド」のプレセール開始へ

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン