仮想通貨ビットコインのライトニング開発企業、約11億円の資金調達とBTC送受金効率化製品のベータ版発表【ニュース】

仮想通貨ビットコイン(BTC)のライトニングネットワーク(LN)の開発を手がけるライトニング・ラボは、シリーズAの資金調達ラウンドにおいて1000万ドル(約11億円)を調達した。同社共同設立者兼CEOのエリザベス・スターク氏が2月5日に明らかにした。LNの開発強化、開発者エコシステムの拡充に資金を割り当てる予定という。

なおスターク氏によると、LN仕様(BOLT)に完全準拠したフルノード実装「lnd」(Lightning Network Daemon)(ベータ版)を約2年前からリリースしており、すでに4000人以上の開発者およびテスターが貢献しているという。その他、30社以上が(自社製品などに)統合しているそうだ。

ライトニング・ラボ初のプロダクト「ライトニング・ループ」を発表

またライトニング・ラボは、同社初のプロダクションリリースにあたる「ライトニング・ループ」(ベータ版)を発表したGithub上にソースコードを公開済み)。ライトニング・ループは、スタートアップ、ノード(コンピューター)管理者、ユーザーがLNを介し効率的に資金を送受信できることを目的としている。

ライトニング・ループ利用者は、BTCメインチェーンとLN間における資金の移動を、事前に設定したバッチ処理により一括で行える。

【関連記事:ビットコインのライトニングネットワークで脆弱性を確認、実際に被害も

【関連記事:仮想通貨ビットコインのライトニングネットワーク、トラブル防止用ノード監視ツールが登場

【関連記事:盗難防止機能が活躍 仮想通貨ビットコインのライトニング・ネットワーク、241件の窃盗に対し計2.22BTCを回収・返済

【関連記事:仮想通貨ビットコインのタップルート/シュノア提案が公開、プライバシーとスケーラビリティで大きな前進

【関連記事:米決済企業スクエア、仮想通貨ビットコインウォレットのための初プロダクトを発表

【関連記事:ビットコインのライトニングネットワーク、プライバシー面での恩恵「思ったより少ない」=ビットメックス
翻訳・編集 コインテレグラフ日本版